戦国時代3 天文法華の乱 | 比叡山延暦寺は他宗派を許さない

比叡山延暦寺東塔 戦国時代

今回の記事では、戦国時代に京都で起きた仏教宗派間での紛争についてのご説明をいたします。宗派間の紛争ではあるのですが舞台が京都であるため、室町幕府もちょっとだけ絡んでおります。

タイトルは天文法華の乱とさせておりますが、複数の宗派が入り乱れているため視点によって呼び方が変わります。日蓮宗の視点からは「天文法難」と呼ばれ、他宗派からの呼び方が「天文法華の乱」となります。やられた側とそれ以外の人で、現代に至るまで呼び方が違っている事件ですね。

ちなみに予めお伝えしておきますが、この頃の仏教勢力は現代人が想像するような平和的な団体ではなく、立派な武力を持ち組織化された武闘派集団です。信者の数=武力と経済力の強さであるため、各宗派はこぞって信者を獲得しようと必死になっていました。

まずはこの天文法華の乱が起きた背景として、登場する仏教宗派について確認してみましょう。いずれは日本の宗教史の記事も書きたいと思います。

天文法華の乱に登場する宗派

浄土真宗

浄土真宗の開祖・親鸞
戦国時代を席巻した浄土真宗の開祖・親鸞

鎌倉時代初期に、親鸞によって開宗された大乗仏教の宗派です。浄土真宗の最大の特徴は、僧の妻帯や肉食を許容しており、さらには戒律がないことでしょう。「~してはならない」といった生活への縛りがないことは多くの人に受け入れやすく、一気に日本全国へ広まりました。

親鸞は浄土宗を開宗した法然の弟子として仏教を学んでいましたが、後に新宗派として浄土真宗を興すに至ります。親鸞が存命の間は教団としての組織的な活動はあまりなかったのですが、親鸞の没後も弟子たちが教えを広め続け、戦国時代の頃には領土を持つ程の勢力となっています。

浄土真宗は一向宗とも呼ばれ、戦国時代には一向一揆を日本各地で何度も起こすほどの武闘派集団です。一向宗の立場からすれば自治権を勝ち取るための尊い戦いなのですが、権力者から見れば土地や民衆を奪っていく恐ろしい集団でした。

日蓮宗(法華宗)

日蓮宗開祖・日蓮
日蓮宗開祖・日蓮

鎌倉時代の中期に日蓮という僧によって興された宗派です。法華経という経文を重んじている宗派のため、法華宗という名称でも呼ばれます。「南無妙法蓮華経」という題目は筆者でも知っているほど有名で、題目の意味は「妙法蓮華経に帰依する」、つまり妙法蓮華経を信じるという意味になります。

日蓮宗では他宗派の教えはかえって人々を救済から遠ざけてしまうとされており、そのため排他的な宗派でもあります。通行人が多くいるような大通りなどで、いきなり他宗派の僧に宗教問答を挑み、論破して恥をかかせるといったことをしていたようです。特に平安時代から権力と結びついていた天台宗に対しては、かなり批判的なスタンスをとっていました。

ちなみに妙法蓮華経とは大乗仏教の代表的な経典で、誰もが平等に成仏できるという仏教思想の根本的な部分が書かれています。日本に伝来したのは飛鳥時代の、聖徳太子がいた時代ですね。ちなみに天文法華の乱では、この日蓮宗が事件の発端となっています。

天台宗

天台宗とは

天台宗の開祖・最澄
天台宗の開祖・最澄

平安時代初期に、最澄によって中国から日本に伝えられた宗派です。そのため日本独自の宗派というわけではなく、現代においても中国や日本、朝鮮半島やベトナムにまで信徒を持つ巨大な宗派です。ちなみに「天台」とは、天台宗の開祖が中国の天台山に住んでいたことに由来しております。

日本の天台宗では比叡山延暦寺を本山としており、延暦寺の住職は天台座主(てんだいざす)と呼ばれて宗派のトップに立ちます。標高が850メートル程の比叡山は全域が延暦寺の境内とされており、つまり山そのものが延暦寺というスケールの大きさです。

比叡山では密教や禅、念仏などの仏教に関する幅広い研究が行われており、仏教の総合大学のような状態になっていました。ちなみに鎌倉時代に乱立した、新宗派の開祖達は皆一様に比叡山で修行を積み自身の宗派を立ち上げています。そのため日本仏教の母山などという言われ方をされるほどで、つまり比叡山は日本の仏教界で無視などできるはずもない、とてつもなく大きな存在でした。

比叡山の迷惑要素

ページの上部でもご説明しておりますが、当時の寺はどこも独自の軍事力を持っています。しかも宗教的な組織であるため歴代の朝廷や幕府も簡単に討伐できないという、権力者からすればかなり厄介な集団でした。比叡山の討伐をすることで、祟りを恐れる民衆からの反乱は恐ろしいですからね。

比叡山は討伐されないことをいいことに、時の権力者にたびたび無茶苦茶な要求をしました。経済的な利権を確保するための要求や、誰々が気に入らないから追放しろ、といった要求まで出しています。歴代の権力者の中には比叡山の要求を突っぱねた強者もいたのですが、そうすると僧兵と呼ばれる比叡山の軍隊が京都や各所で暴れ始めるといるため、どちらかと言えば要求よりも「脅し」でしょうか。僧兵と言っても一応僧侶であるため、無理な鎮圧もできずに結果的に要求を飲まされる、といった事例が数多くありました。

そのため比叡山は時の権力者にとっては悩みのタネであり、腫れ物に触るかのようにいつでもご機嫌を伺われている状態です。比叡山からの要求は時代を追うごとにエスカレートし、比叡山は日本の中にある半独立国のような存在となっていました。

比叡山延暦寺東塔の石塔

室町幕府と宗教組織が入り乱れる天文法華の乱

日蓮宗が浄土真宗の寺を焼く

戦国時代の中期頃には京都で日蓮宗が多くの一般人に受け入れられ、信者数をグイグイと伸ばしていました。そんな中で日蓮宗の信徒たちは、一向一揆の大軍が京都へ向かっており、日蓮宗を攻撃するという噂を耳にします。

京都で信者が増えていた日蓮宗は浄土真宗の京都進出を阻むため、この頃室町幕府の重鎮となっている細川晴元と連絡を取ります。細川晴元としても一向一揆の軍は脅威であり、治安の面でも一向一揆の軍を京都に入れるのは好ましくありません。そのため細川晴元と日蓮宗の信徒は手を組み、一緒に一向一揆軍と戦うことになります。

そしていざ戦争が始まると細川晴元と日蓮宗の連合軍が圧勝し、一向一揆軍を追い散らした後に、浄土真宗の山科本願寺という寺院とその周りの町を全て焼き払いました。

この結果日蓮宗は京都でさらに勢力を拡大し、信徒を増やすことに成功しました。そんなイケイケ状態の日蓮宗でしたが、さらなる勢力拡大のために次は比叡山延暦寺をターゲットにします。

日蓮宗と比叡山延暦寺の宗教問答

浄土真宗を倒した4年後、日蓮宗は比叡山延暦寺に対して宗教問答という謎の勝負を持ちかけました。筆者は宗教問答というものをしたことがないので具体的にはわからないのですが、きっと宗教的な知識や理論で相手を言い負かすことを言うのでしょう。挑まれた延暦寺側はこれに応じ、宗教問答を行うことになります。

どういった論争が行われたのか、どういう決着の付け方になるのかもよくわからないのですが、この宗教問答では日蓮宗側が勝ったようです。ですがこの問答の勝敗が世間に広まってくると、比叡山側は日蓮宗のために面目を失ったと感じ始めます。そして日蓮宗の別の名称である「法華宗」という呼び名を使わないように要求し、室町幕府にも日蓮宗に「法華宗」の名称を使わせないための裁決を要求しました。宗教問答に負けて恥をかいたから、別のところで負かしてやろうという比叡山の意図を感じますね。

でも幕府は日蓮宗側につく

比叡山から日蓮宗に「法華宗」という名称を使わせないという裁決を迫られた室町幕府でしたが、細川晴元にとっては日蓮宗と比叡山が争っている方が都合いいんですよね。一向一揆との戦いでは共闘という形をとっていましたが、寺社勢力は権力者にとって基本的に邪魔者です。寺社勢力同士で潰し合ってくれるのであれば、細川晴元にとってはそれが最善の結果となります。そのため幕府が出した裁決は、日蓮宗の勝訴として「法華宗」という名称はそのまま使用可能ということになりました。火種を残すどころかガソリンを撒いたような状態ですね。

当然のことながら仏教界の大御所である比叡山延暦寺は、このまま黙って負け続けるわけにはいきません。日蓮宗を倒す決意を固め、着々と準備を進めていきます。こうして天文法華の乱は報復の連鎖で泥沼化し、舞台となった京都の街はどんどんと荒れていくことになります。

比叡山延暦寺の逆襲

日蓮宗が勝訴してからしばらく後に比叡山にいた僧兵達が集結し、京都近辺に有る有力な日蓮宗寺院に対して比叡山の傘下に入り、上納金を納めるよう迫りました。当然ながら日蓮宗はこの無茶な要求を拒否しますが、比叡山はさらに行動を続けます。

比叡山延暦寺は朝廷や幕府に使者を出し、日蓮宗の信徒を討伐する許可を求め、さらに援軍を出すよう迫りました。もうナリフリ構っていられない状態だったのでしょう、以前から敵対していた浄土真宗などの他宗派にまで協力を要請し、共闘して日蓮宗を討伐するよう申し入れています。さらには近畿や北陸の大名達にも援軍を要請し、比叡山は徹底的に日蓮宗を叩き潰す狙いでした。

比叡山からの援軍要請にはほとんどの勢力が軍を出さなかったのですが、かといって日蓮宗に肩入れするわけでもありませんでした。そんな中で、近江(おうみ、現在の滋賀県)の大名である六角定頼が比叡山側につき援軍を送ります。

京都市内での戦闘と結果

六角定頼の援軍を得た比叡山の僧兵達は京都の市内になだれ込み、日蓮宗の信徒達を攻撃しました。元々京都市内は日蓮宗の信徒が多く、防衛のための溝を掘るなどして用意はあったのですが、いかんせん数が違いすぎたため結局は比叡山延暦寺が勝利を収めます。

比叡山は京都近辺にあった21の日蓮宗寺院を全て焼き払い、一万人にも及ぶ日蓮宗の信徒を殺害しました。さらに比叡山の軍が放った火は寺院だけでなく、京都の大半を焼き尽くす大火事となりました。応仁の乱でもかなり荒れた京都でしたが、天文法華の乱での大火事や破壊による被害は、応仁の乱を上回る程だったといいます。

結局これまで京都で支配的な宗派であった日蓮宗は壊滅し、残った日蓮宗の信徒は京都を追放されました。そして京都限定ではありますが日蓮宗は禁教とされ、ここから6年の間日蓮宗は京都での布教すら許されなくなります。

ちなみに6年後、比叡山側に援軍を出していた六角定頼の仲介により、ようやく比叡山と日蓮宗の間で和議が成立しました。6年間が長いと見るか短いと見るかは人それぞれですが、6年間もの期間許さなかった比叡山は相当頭にきていたんでしょうね。

天文法華の乱のまとめ

今回の記事では、日本では割と珍しい宗教紛争である天文法華の乱についてご説明しました。

次回は室町幕府で長いこと権力を誇っていた細川氏が、家臣である三好氏に敗れる場面をご紹介します。

次回記事

前回記事

コメント