戦国時代7 信長包囲網 | 織田家の周りは敵だらけ

三方ヶ原の戦いでの徳川家康 戦国時代の時代史

今回の記事では、浅井家朝倉家の連合軍を倒して勢いに乗る織田信長に対して、諸大名が連合を組んで立ち向かう場面をご説明いたします。

それでは織田信長が姉川の戦いで浅井・朝倉の連合軍との戦いに勝利した後の場面から見ていきましょう。

信長包囲網の構築

三好三人衆再び

織田信長が上洛を果たした際に敗れた三好三人衆は、三好氏の本拠地である四国から京都奪還の機会を伺っていました。単体で織田信長と戦争となっては勝ち目がない程の差ができてしまっていたため、三好三人衆は織田家を内側から切り崩す作戦に出ます。

姉川の戦いが起きている最中、摂津では織田家に味方していたはずの武将が三好氏と内通し、城主を追放して三好氏につくという事件が起きます。そしてこの城を足掛かりに三好三人衆が本州に再上陸し、京都奪還のために摂津の城を次々に奪っていきました。

姉川の戦いで無事に勝利した信長は改めて三好三人衆を討伐するために軍を摂津に向けますが、戦闘の最中に浄土真宗の勢力である石山本願寺の法主・顕如が信徒を率いて織田軍に攻撃を始めます。この状況に呼応した浅井長政と朝倉義景の軍も合わせて出撃し、北陸方面から京都へと向かいました。

摂津での戦いでも本願寺勢力の出現に苦労していた織田軍は、ここで森可成といった古参の武将を何人も失っています。信長は状況の不利を悟り、また京都を浅井・朝倉の軍から守る必要があるため、三好三人衆の討伐を諦めての撤退を余儀なくされています。

織田信長の周囲は敵だらけ

北陸から京都に迫っていた浅井・朝倉の軍は織田信長が京都へ戻っている事を知り、比叡山延暦寺の寺社勢力と協力し、比叡山に留まり京都へ北から睨みを効かせます。一方の浄土真宗の顕如は伊勢(現在の三重県北部)の宗徒に指示を送って一揆を起こし、信長の弟が討ち取られるなど大きな被害を受けます。

信長は北には浅井・朝倉と比叡山の寺社勢力、西には三好三人衆と浄土真宗の顕如、そして南にも浄土真宗の一向一揆という敵を抱え、周囲を包囲されている状態となります。兵力を分散して各地の戦線を維持する必要があったため、兵力をまとめて一つずつ撃破するといったことができない状況となってしまいます。

さらに続々と反織田の意志を表明する勢力が現れ、着々と信長を追い詰める包囲網が出来上がっていきます。

信長包囲網

困った時は話し合い

自国の周囲を敵に囲まれる形となった信長は、軍事力よりも外交による打開を選びました。

まずは敵対勢力の中で最も手強い浄土真宗の本願寺顕如との和睦を図り、これをなんとか成立させました。また浅井・朝倉の連合軍に対しては将軍義昭に調停の依頼を出し、これには室町将軍・足利義昭が取り成す形をとり、こちらも軍を引き上げさせることに成功しています。残った三好三人衆も次々と共闘する味方がいなくなったことで勢いを失い、攻撃に移る前に軍を引き上げていきました。その他の勢力にも松永久秀が和睦の仲介として駆け回ったお陰で、結局ここでは織田信長は大した被害もなく包囲網を崩すことに成功します。

2次信長包囲網

比叡山焼き討ち

包囲網をしのいだ織田信長は勢いを取り戻して浅井家の城を攻め取り、また伊勢でいまだ燻っていた長島一向一揆を鎮圧するなど、すぐに軍事行動を再開しました。

そして包囲網が解けた後もまだ敵対を続けていた比叡山延暦寺に対して、和睦の使者を送ります。ですが信長への猛烈な敵対心を隠そうともしない延暦寺はこの和睦の提案を拒否し、なおも抵抗を続けていました。

再三に渡る勧告を拒否された信長はここで比叡山延暦寺への攻撃を決断し、延暦寺を包囲して山に火を放ちました。比叡山延暦寺にはお堂や鐘楼など、多くの建築物がありましたが全てここで焼失し、現代に残っているのはこの後に建て直したものとなります。また僧兵だけでなく武装していない僧侶まで殺害し、延暦寺の完全な無力化を図りました。

以前の記事でもご説明していますが、この時代の大きな寺院は僧兵という兵を雇い入れており、決して平和的な団体ではなく大きな武力を持った軍事勢力です。延暦寺には4千もの僧兵がおり、信長としてはこの勢力を立派な敵として見なしていたのでしょう。ですが現代人と同様に、むしろそれ以上にこの時代の人々は信心深く、寺院を焼き討ちしたという悪評は後々まで信長につきまとうことになります。比叡山焼き討ちについて掘り下げた記事は、こちらからどうぞ。

足利義昭と織田信長の関係悪化

ともあれ京都付近の敵対勢力だった延暦寺の寺社勢力を滅ぼした信長は、北近江の浅井長政への攻勢を強めます。浅井長政の居城である小谷城を包囲し、睨みを効かせながら攻めるタイミングを伺います。順調に拡大を進める織田信長に対して、将軍足利義昭は不満を募らせていました。

一度目の包囲網では信長を助けた足利義昭でしたが、この頃から信長との関係が完全に悪化します。信長の監視が相変わらず続く中でコッソリと全国の大名と連絡をとっていた将軍義昭は、信長の代わりとして義昭自身を守り立ててくれる大名を探していました。

そんな中で甲斐(現在の山梨県)の武田信玄から、京都へ攻め入って義昭を守り立てるという内容の返事を受け取ります。甲斐で強大な軍事力を持っていた武田信玄が味方についたことにより、ここで将軍義昭は信長と連携する路線を捨てて武田信玄と連携することを決意します。

松永久秀の離反

足利義昭を将軍に就任させた頃からほぼ信長の配下(実際は幕臣)として動いていた松永久秀でしたが、ここで突然織田信長の元から離反します。足利義昭と領土の境界でモメた上での離反だったため、義昭のバックにいた信長にも離反したという形になります。ですが武田信玄と書状のやり取りがあったという形跡もあるため、状況を見た上で織田信長が武田信玄に敗れることを予想しての離反だったのかもしれません。

そして三好義継や三好三人衆から軍を引き継いでいた篠原長房とともに、織田家についていた京都近辺の勢力を攻撃し、京都に信長を釘付けにします。

三方ヶ原の戦い

ここで将軍足利義昭の要請を受けた武田信玄は、京都に上洛するための道として東海道を選択します。武田軍は3万もの大軍をもって信濃(現在の長野県)から遠江(現在の静岡県西部)に侵入し、まずは徳川家康の居城・浜松城を目指します。武田信玄による織田領への侵攻をなんとしても食い止めるため、京都を守備していた織田信長も援軍だけは浜松城へ送り出しました。

三方ヶ原の戦い

武田信玄襲来の知らせを聞いた織田家の同盟相手である徳川家康は、戦上手で名高い武田信玄との野戦は避け、当初は浜松城での籠城戦の構えをとっていました。ところが武田軍の進路が浜松城を無視して西に向いたとの報告を受け、武田軍の背後から奇襲をかけるために浜松城から出撃します。三方ヶ原あたりでの奇襲を考えていた家康でしたが、いざ着いてみると武田軍が万全の態勢で待ち伏せており、2時間程の戦闘の中で有力な武将を含め多くの死傷者を出して浜松城へ敗走しました。

徳川軍の死傷者2000人に対して、武田軍は200人程だったといいます。家康本人が討ち取られなかったことは不幸中の幸いでしたが、完敗とも言える敗北を喫し、武田軍はほぼ無傷のままとなった軍で遠江の各城を攻め落とします。

三方ヶ原の戦いに至るまでの、織田家と武田家の関係についてはこちらからどうぞ。

足利義昭の挙兵

ここまで表面的には織田信長と友好な関係を続けていた足利義昭は、三方ヶ原での武田信玄勝利の知らせを聞くと、ついに京都の二条城で自ら反織田の挙兵をします。その頃には美濃で武田対策のために動いていた信長は、将軍義昭へ和睦の使者を何度も送ります。ですが武田信玄が絶好調のため強気な将軍義昭は、信長からの和睦の提案を全て拒絶します。放っておくわけにもいかないため仕方なく京都へ軍を向けた信長は、将軍義昭のいる二条城を包囲攻撃し始めます。

ここで時の天皇である後陽成天皇から、幕府将軍と幕府の重臣(まだ信長は建前上では幕臣扱いです)の間での争いは避けるよう調停が入り、一旦は両者ともに和睦を受け入れます。ですが足利義昭の動きは止まらず、浅井・朝倉や本願寺といった信長の敵対勢力に兵を挙げるよう要求し、また松永久秀などを巻き込んで反織田の包囲網を自らの手で作り上げていきます。

まとめ

今回の記事では、拡大を続ける織田信長に対して各勢力が連合を組んで立ち向かっていく場面をご説明しました。

次回の記事では、織田信長が足利義昭を京都から追放する場面や、宿年の敵である浅井家・朝倉家を滅ぼす場面をご説明します。

次回記事

前の記事

コメント