戦国時代の宗教史

戦国時代の宗教史

忠誠心と信仰心が試される!三河一向一揆

浄土真宗という仏教宗派が引き起こした三河一向一揆では、松平家の家臣団も一揆勢に加担しており、徳川家康の三大危機にも数えられる一大事件にまで発展しています。
戦国時代のまとめ・その他記事

織田信長が比叡山の焼き討ちに至るまで

今回の記事では、織田信長が1571年(元亀2年)に比叡山延暦寺を焼き討ちし、滅ぼすに至った理由や経過についてご説明いたします。 畏れ多く有り難い存在であるはずの寺社ですが、人々の崇拝の対象という表の顔だけでなく、僧兵による暴力に支えられた経済的な活動を行ってもいます。その経済的な部分で信長とぶつかってしまったため、結果的に比叡山を丸ごと焼き討ちされるという事件が起きています。
戦国時代の宗教史

戦国時代3 天文法華の乱 | 比叡山延暦寺は他宗派を許さない

天文法華の乱は複数の宗派が入り乱れているため、視点や立場によって呼び方が変わります。日蓮宗の視点からは「天文法難」と呼ばれ、他宗派からは「天文法華の乱」と呼ばれています。比叡山延暦寺や奈良興福寺といった仏教勢力は平和的な団体ではなく、信者を武力に変えて利権を巡る戦いに没頭します。