戦国時代の人物録

戦国時代の人物録

織田信長に折檻状を叩きつけられた筆頭家老・佐久間信盛

織田家の筆頭家老として長年仕え、石山合戦の後に織田信長から19カ条からなる折檻状を叩きつけられ、追放された佐久間信盛についてご紹介しています。
戦国時代の人物録

良い人すぎる織田家最古参の猛将・柴田勝家のエピソード

織田信長の家臣として数多くの勝利に貢献した柴田勝家の、武人としての逸話や前田利家・お市の方との絡みなど、様々なエピソードをご紹介しています。
戦国時代の人物録

気遣い人間で説教魔な毛利元就のエピソード集

「三矢の訓」に代表される説教や周囲の人間への気遣い、また朝倉宗滴の人物評など、毛利元就に関するエピソードをご紹介しています。
戦国時代の人物録

織田信秀・織田信長・織田信忠の3代に仕えた名脇役・河尻秀隆

織田信秀の代から織田家に仕えた河尻秀隆は、織田信長と今川義元が激突した桶狭間の戦いにも参戦し、また織田信忠軍団の副官として甲州征伐にも参戦しています。
戦国時代の人物録

華奢な体に熱き武士の魂!千年の平和を願う軍師・竹中半兵衛

「千年鳳」という平和への想いを込めた花押を使っていた竹中半兵衛重治は、羽柴秀吉の家臣として各地を転戦する中で、黒田官兵衛の子供・黒田長政をも救っています。
安土桃山時代の人物録

意外と温和な黒田官兵衛の良いエピソード

主君・豊臣秀吉との濃いめのやりとりや竹中半兵衛との友情もありますが、結城秀康や黒田家家臣を含め黒田官兵衛は良好な関係を築いています。
安土桃山時代の人物録

三英傑全てに仕えた世渡り上手な武将・藤堂高虎

藤堂高虎は浅井長政の家臣・磯野員昌の足軽としてキャリアをスタートさせ、羽柴秀長の引き立てによって大きく出世、徳川家康の忠臣として譜代大名扱いまで受けています。
戦国時代のまとめ・その他記事

北条家五家老衆の証・北条五色備

小田原北条氏の五家老はそれぞれ色の付いた旗や甲冑を装備させて戦場に臨んでおり、この部隊を総称して北条五色備と呼ばれています。地黄八幡・北条綱成を筆頭に、黒備えの多目元忠、赤備えの北条綱高・白備えの笠原康勝及び清水康英、そして第二次国府台合戦で戦った青備えの富永直勝をご紹介しています。
戦国時代の人物録

朝倉家3代を支え続けた大黒柱・朝倉宗滴

朝倉家の当主の子として生まれた朝倉宗滴は、主君が3回代替わりしても補佐を続けています。声望を高めた九頭竜川の戦いを始めとする軍事面だけでなく、外交や情報活動・内政など、多岐に渡って辣腕を振るう大黒柱として多大な功績を残しています。
戦国時代の人物録

越前の狂犬・富田長繁

朝倉家の家臣として織田家と戦っていた富田長繁は、小谷城付近での戦いで前波吉継らと共に織田家に投降しています。その後前波吉継を始めとして周囲の人間を手当たり次第に攻撃しており、越前の狂犬というニックネームに相応しい立ち回りを見せています。