江戸時代

江戸時代

主君と臣下の利害によって成り立っていた封建制

日本やヨーロッパの中世は、主君と臣下が土地を仲立ちとして結び付く封建制の社会でしたが、比較的ドライでお互いに利害を重視した関係でした。
江戸時代

江戸幕府樹立に尽力した徳川家康配下の名将達・徳川四天王

徳川家康の江戸幕府の創立に最も貢献した、徳川四天王と呼ばれる本多忠勝・井伊直政・榊原康政・酒井忠次の4人を一人ずつご紹介しています。
安土桃山時代の人物録

意外と温和な黒田官兵衛の良いエピソード

主君・豊臣秀吉との濃いめのやりとりや竹中半兵衛との友情もありますが、結城秀康や黒田家家臣を含め黒田官兵衛は良好な関係を築いています。
江戸時代

器用だけどぶきっちょな愛嬌たっぷり人間 | 藤堂高虎のエピソード

ケンカ遍歴や三大建築家にも数えられる建築技術、また徳川家康や徳川秀忠との関係など藤堂高虎の様々なエピソードをご紹介しています。
安土桃山時代の人物録

三英傑全てに仕えた世渡り上手な武将・藤堂高虎

藤堂高虎は浅井長政の家臣・磯野員昌の足軽としてキャリアをスタートさせ、羽柴秀長の引き立てによって大きく出世、徳川家康の忠臣として譜代大名扱いまで受けています。
江戸時代

お寺が役所の代わりです | 江戸時代の民衆統治政策・寺請制度

江戸時代に取り入れられた「寺請制度」という民衆管理政策は、強制的に人々を近隣の寺の信徒として役所の機能を持たせています。
安土桃山時代の人物録

徳川四天王 傷だらけの闘将・井伊直政 | 武田の赤備えを継承した井伊の赤鬼

井伊直政は大河ドラマにもなった「おんな城主 井伊直虎」の養子として人生をスタートします。 井伊直政は15歳にして徳川家康に仕え始めると急激な出世を繰り返し、本多忠勝ら幕僚達と競り合いながら小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いでも活躍、江戸幕府設立へ向けて大きく貢献します。
安土桃山時代の人物録

生まれは微妙で器量は最高 薄幸の剛将・結城秀康 | 後継者になれなかった徳川家康の次男

母親の身分が低く、また戦国当時の価値観として蔑まれる双子で生まれた結城秀康は、次男ですが長男死後も跡継ぎという立場から除外されています。父・徳川家康との複雑な関係など、秀康にまつわる様々なエピソードをご紹介いたします。
安土桃山時代の人物録

戦国時代 浅井三姉妹の末っ子 江与 | 徳川家光の母・明正天皇の祖母となった崇源院

江与は江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の正室となり、3代将軍家光を産んでいます。さらに江与の娘であり、家光の妹ともなる和子という人物は天皇に嫁いでおり、お市の方や浅井長政の血統は江与や和子を通し、現代の天皇家にまで脈々と受け継がれています。
安土桃山時代の人物録

戦国時代 織田信長の妹・お市の方 | 戦乱に翻弄された浅井三姉妹の母

今回の記事では、織田信長の妹・お市の方についてご説明したいと思います。 織田信長の美濃攻略や京都への上洛のために必要となる浅井家との同盟のため、お市の方はいわば政略結婚のために浅井長政に嫁いでいます。 後に浅井家が朝倉家を支援する形で織田信長と争うことになり、浅井長政は織田信長に敗北し自害します。夫である浅井長政を失ったお市の方は織田家によって保護を受けますが、本能寺の変によって状況が急展開し、清州会議で柴田勝家の正妻として嫁ぐことになります。