安土桃山時代の人物録

その他考察

豊臣政権を実質的に動かしていた行政官・五奉行

石田三成・浅野長政・前田玄以・長束正家・増田長盛の5人は、豊臣政権下で五奉行と呼ばれ、戦闘だけでなく物資調達や政務の執行、また各地の大名との交渉など行政分野で貢献しています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

豊臣秀頼と豊臣政権を支えるべくして選ばれた「はず」の男たち・五大老

秀次事件で不安定になった豊臣政権を支えるため、そして豊臣秀吉の嫡男・豊臣秀頼のため、徳川家康・前田利家を筆頭格として、毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家が五大老に選ばれています。
その他考察

黒田官兵衛と黒田長政親子に仕えた濃い目の男たち・黒田八虎

黒田官兵衛・黒田長政親子に仕えた、母里太兵衛や後藤又兵衛・栗山利安など、「黒田八虎」と呼ばれた武将達をご紹介しています。
安土桃山時代の人物録

意外と温和な黒田官兵衛の良いエピソード

主君・豊臣秀吉との濃いめのやりとりや竹中半兵衛との友情もありますが、結城秀康や黒田家家臣を含め黒田官兵衛は良好な関係を築いています。
安土桃山時代の人物録

三英傑全てに仕えた世渡り上手な武将・藤堂高虎

藤堂高虎は浅井長政の家臣・磯野員昌の足軽としてキャリアをスタートさせ、羽柴秀長の引き立てによって大きく出世、徳川家康の忠臣として譜代大名扱いまで受けています。
その他考察

乱暴・愚痴っぽい・酒癖最悪! | でも涙もろくて憎めない男・福島正則のエピソード集

福島正則という人物は子供時代の刺殺事件を始めとして、ただの迷惑では済まない多くの事件を引き起こしています。また酒癖も非常に悪く、家臣に切腹を迫ったり、名槍・日本号を取られるといった失態もありますが、主筋となる織田秀信を庇うなど人情のある一面も見せています。
安土桃山時代の人物録

桶屋の息子から50万石の大大名へ・福島正則

豊臣秀吉とイトコ関係にあった福島正則は、小姓として取り立てられた後は順調すぎるほどの出世を重ね、広島藩55万石の大大名へと成長しています。ですが大坂の陣後の台風によって広島城が破損し、傷んだ箇所を修繕すると違反として摘発され減封、さらに本人の死とともに残りの領土も全て失っています。
安土桃山時代の人物録

嘘つき・醜悪・女たらし! | 天下人・豊臣秀吉の豆知識エピソード

身分制度が若干崩壊していた戦国末期という時代だったにしろ、豊臣秀吉は百姓という身分から成り上がり、武力による天下統一という大事業を成し遂げています。その成り上がりストーリーは豊臣家を踏み潰して成立した江戸幕府の統治下でも人気が高く、現代に至っても様々な創作物のテーマとなっています。そんな人気者の秀吉にまつわる様々なエピソードや豆知識を、有名なものからマイナーなものまでいくつかご紹介したいと思います。
安土桃山時代の人物録

徳川四天王 傷だらけの闘将・井伊直政 | 武田の赤備えを継承した井伊の赤鬼

井伊直政は大河ドラマにもなった「おんな城主 井伊直虎」の養子として人生をスタートします。 井伊直政は15歳にして徳川家康に仕え始めると急激な出世を繰り返し、本多忠勝ら幕僚達と競り合いながら小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いでも活躍、江戸幕府設立へ向けて大きく貢献します。
安土桃山時代の人物録

生まれは微妙で器量は最高 薄幸の剛将・結城秀康 | 後継者になれなかった徳川家康の次男

母親の身分が低く、また戦国当時の価値観として蔑まれる双子で生まれた結城秀康は、次男ですが長男死後も跡継ぎという立場から除外されています。父・徳川家康との複雑な関係など、秀康にまつわる様々なエピソードをご紹介いたします。