用語集

暗殺とは要人を計画的に不意打ちで殺害すること

暗殺という行為は日本だけでなく、敵となる人物を排除するために世界中で用いられてきた手段です。中国やギリシャといった長い歴史を持つ国では紀元前の事件も記録として残っていますが、表沙汰にならずに闇から闇へ葬られた事件も多いものと思われます。
琉球史

名君と暴君の跡を継ぐ者 | 尚円金丸物語②

尚泰久王に見出された金丸は、恩人の死後には息子となる尚徳王にも続けて仕えています。ですが若き尚徳王は重臣の意見を蔑ろにして悪政を布いたため金丸は隠遁、後にクーデターが起きて王が不在となると尚円金丸として即位し、400年にも渡って続く第二尚氏王統を創始しています。
安土桃山時代

関ヶ原の戦いに至るまで

豊臣秀吉という独裁者が病死したことで、大名達にダメージだけを残して慶長の役が中断されています。そんな中で秀吉から豊臣秀頼の後見を託されていた五大老の筆頭・徳川家康は、遺言のルールを無視しながら権力拡大を続けますが、五奉行の一人・石田三成が家康の横暴に待ったを掛け挙兵します。
琉球史

琉球の農民から国王へ | 尚円金丸物語①

第二尚氏王統の創始者となる尚円王こと金丸は、沖縄本島の北西部に浮かぶ伊是名島の農民の子として生まれています。天災や人災で島を追われた金丸は沖縄本島に逃れ、そこで時の琉球王国国王・尚泰久と出会い、各職を歴任しながら出世の道をひた走ります。
琉球史

女神が降り立ち琉球をつくる | 琉球開闢の神・アマミキヨ

アマミキヨは神話の中で沖縄の島々を造り出し、琉球という国を開闢したという、日本神話におけるイザナミのような役割を果たしています。第二尚氏王統によって作られた中山世鑑や「おもろさうし」に登場する、アマミキヨに関連する遺跡は現代でも沖縄本島だけでなく久高島など各地に残されています。
安土桃山時代

豊臣秀吉は大明帝国征服を目指す | 文禄の役と慶長の役

天下統一という大事業を成し遂げた豊臣秀吉は、小田原征伐が済んで2年後には朝鮮出兵に取り掛かっています。順調に侵攻が進んでいた文禄の役は日本軍・明軍ともに陥った食糧難によって講和が結ばれ、2度目となる慶長の役は秀吉の死によって撤退、明国征服という途方も無い野望は夢のまま終わっています。
琉球史

琉球王国再興を託された男・尚泰久王の事績

越来王子という立場から琉球王朝の5代目の王に即位した尚泰久は貿易を大きく発展させ、後に大交易時代と呼ばれる経済発展期を迎えています。ですがすでにガタついていた琉球王府は立ち直ることなく、護佐丸・阿麻和利の乱といった反乱もあり、低空飛行を余儀なくされています。
琉球史

第一尚氏王統の終焉

尚巴志によって打ち立てられた第一尚氏王統は、7代目の国王・尚徳王の謎の死によって終焉を迎えています。短期の政権交代を繰り返し、疲弊した琉球王朝は新たな国王として農民出身の金丸が国王に即位して尚円王と名乗り、長きに渡って琉球を統治する第二尚氏王統が始まっています。
用語集

神道とは日本独自の教義を持たない宗教

神道は具体的な教義を持っておらず、また誰が創始したかもわかっておらず、日本各地の民間信仰をひとまとめにしたものを指します。明治時代に入ると神道は国家の下に統制され、戦後日本国憲法によって政府が宗教に関与できなくなると、神社本庁という民間の宗教法人によって統括されています。
用語集

関白とは成人した天皇を支える役職

なんらかの事情によって政務をとれなくなった天皇の役割を代行する権限を持つ摂政とは異なり、成人した後の天皇を補佐するための役職を指します。初代である藤原基経など関白は藤原北家の独占状態でしたが、平安後期以降は藤原北家が分裂した五摂家の持ち回りとなり、戦国末期には例外的に豊臣秀吉が就任しています。