鎌倉時代

大江広元の忠実な部下・三善康信

三善康信は大江広元や中原親能と同様に、源頼朝との縁により京都の朝廷に仕える下級貴族から武士の世界に飛び込んでいます。頼朝の死後には十三人の合議制の一員にもなっており、北条氏による他氏排斥に巻き込まれること無く、承久の乱が終わってすぐに静かに亡くなっています。
鎌倉時代

梶原景時は因果応報の果てに散る

源頼朝の命を救った梶原景時は、武士としての能力だけでなく持ち前の落ち着きや教養で頼朝の信頼を勝ち取っています。源平合戦の作戦を巡って確執のあった源義経の排除には成功していますが、源頼家が将軍職を継ぐと十三人の合議制が発足、鎌倉殿の13人となった直後に梶原景時の変で討ち取られています。
鎌倉時代

日本を駆け巡る源頼朝の幼馴染・中原親能

子供の頃に源頼朝と共に過ごした時期を持つ中原親能は、平氏に追われて鎌倉へ落ち延び、平氏打倒の挙兵をした頼朝と合流しています。各地での軍功だけでなく朝廷との交渉役をも務め続けた親能は、弟・大江広元と共に鎌倉幕府の中心人物となり、「鎌倉殿の13人」にも名を連ねています。
鎌倉時代

武士の世を形作った男・大江広元

朝廷における下級役人の家柄・中原氏として生まれた大江広元は、兄である中原親能と源頼朝の友人関係により御家人になっています。国地頭の任命権を得るという進言など多方面で活躍しており、源頼家の将軍就任後には鎌倉殿の13人にも含まれ、北条義時らと協調しながら幕政をリードし続けています。
鎌倉時代

源頼朝を支え続けた忠臣・比企能員

源頼朝が伊豆国への流罪を受けた後にも比企能員は献身的に仕え、親族のような親しい間柄で支援をし続けました。頼朝の死後には2代目の将軍・源頼家をサポートするため、鎌倉殿の13人の一人として合議に加わっています。ですが頼家の危篤の際に北条時政と対立、乱が起き一族もろとも滅亡しています。
用語集

足軽とは長槍や鉄砲を武器にして戦った歩兵

平安時代の末期から続く一騎打ちや騎馬兵による弓の打ち合いによる合戦は、室町時代初期頃には段々と廃れ、集団戦闘での決着が主流となっています。兵の数が物を言う集団戦闘が一般化するにつれて足軽という歩兵が重用されるようになり、戦国時代末期の鉄砲伝来により飛躍的な進化を遂げています。
琉球史

与那国を治めた女性村長・サンアイイソバ

サンアイイソバという名の人物は与那国島の村長として、八重山の英雄・オケヤアカハチと戦ったという伝説が残されています。サンアイという聞き慣れない単語は、沖縄に多いガジュマルの木を意味しています。
その他考察

日本近世の貨幣事情

江戸時代という日本近世の貨幣制度は、織豊政権に引き続き金・銀・銅の三貨制度が用いられています。3つの金属によって作られた貨幣はそれぞれ独立した価値を持ち、時期や地域によって両替相場は大きく変動しており、また幕末には海外の影響もあり激しいインフレを招いています。
琉球史

強大な権力を手中にした猛女 | 尚円王の妃・宇喜也嘉

女傑として知られる国母 日本史上にも、女傑として知られる人物が多く存在します。「尼将軍」として源頼朝の死後も幕府に影響力を持った「北条政子」や、自分の息子を将軍にするために画策し、応仁の乱のきっかけを作ったとされる「日野富子」などで...
安土桃山時代

乱暴・愚痴っぽい・酒癖最悪! | でも涙もろくて憎めない男・福島正則のエピソード集

福島正則という人物は子供時代の刺殺事件を始めとして、ただの迷惑では済まない多くの事件を引き起こしています。また酒癖も非常に悪く、家臣に切腹を迫ったり、名槍・日本号を取られるといった失態もありますが、主筋となる織田秀信を庇うなど人情のある一面も見せています。