安土桃山時代のまとめ・その他記事

その他考察

石高制に移行するキッカケとなった豊臣秀吉の太閤検地

戦国時代では土地の価値を貫高制で表していましたが、豊臣秀吉は圧倒的な武力を背景に太閤検地を強行し、江戸時代まで続く石高制へと移行しています。
その他考察

豊臣政権を実質的に動かしていた行政官・五奉行

石田三成・浅野長政・前田玄以・長束正家・増田長盛の5人は、豊臣政権下で五奉行と呼ばれ、戦闘だけでなく物資調達や政務の執行、また各地の大名との交渉など行政分野で貢献しています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

豊臣秀頼と豊臣政権を支えるべくして選ばれた「はず」の男たち・五大老

秀次事件で不安定になった豊臣政権を支えるため、そして豊臣秀吉の嫡男・豊臣秀頼のため、徳川家康・前田利家を筆頭格として、毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家が五大老に選ばれています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

賤ヶ岳の戦いから関ヶ原の戦いまで・安土桃山時代後半のまとめ

賤ヶ岳の戦いや小牧・長久手の戦い、九州征伐と小田原征伐、そして朝鮮出兵と関ヶ原の戦いなど、安土桃山時代の後半に起きた出来事をまとめています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

室町幕府滅亡から清州会議までの安土桃山時代前半まとめ記事

室町幕府が滅亡して以降、長篠の戦いや石山合戦、甲州征伐や本能寺の変、またその後の山崎の戦いや清州会議での出来事など、安土桃山時代前半のまとめです。
その他考察

黒田官兵衛と黒田長政親子に仕えた濃い目の男たち・黒田八虎

黒田官兵衛・黒田長政親子に仕えた、母里太兵衛や後藤又兵衛・栗山利安など、「黒田八虎」と呼ばれた武将達をご紹介しています。
その他考察

豊臣秀吉はなぜ朝鮮に出兵したか?

なぜ秀吉が朝鮮出兵を行ったかという動機や理由については、研究が進んだ現代の歴史家の間でも議論の的となっています。息子や弟を失った悲しみから出兵に至ったという説や、新たな領土を獲得する必要があった説など、考察を混じえながらご紹介いたします。