鎌倉時代3 承久の乱 | 朝廷と武士の立場が逆転するキッカケとなった事件

承久の乱を引き起こした後鳥羽上皇 鎌倉時代

今回の記事では、3代将軍源実朝が暗殺され、その後に起きた朝廷との争いの一部始終をご説明します。

3代将軍源実朝の暗殺

実朝12歳で将軍になる

2代将軍源頼家が追放され、その後に北条氏の強い後押しにより源実朝が3代将軍に就任しました。この時の実朝はまだ12歳で、政治など全くわからない年齢です。そのため北条時政が執権として幕府政治を補佐し、また同時に権勢を強めました。

実朝暗殺 将軍不在の幕府

そんな中実朝が28歳の時に、公暁という頼家の子供に暗殺されてしまいます。暗殺に至るまでの公暁にまつわるドラマなどは一切伝わっておらず、かなり謎の多い事件となっています。頼家の敵を討った、という理由があるとしても、実朝は頼家追放にはほとんど関与していませんしね。

実朝が暗殺され頼朝の血筋が途絶えてしまった後は、しばらく将軍のいないまま幕府は運営されることとなります。この時の執権は北条義時となっており、世襲で執権に就任できるほど北条氏の権力は盤石なものとなっていました。北條氏を始めとした御家人たちで次の将軍をどうするかを話し合っている間に、平安時代まで日本を牛耳っていた京都の朝廷で不穏な空気が漂い始めます。

承久の乱:後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して起こした兵乱

承久の乱の背景

もともと鎌倉が本拠であった幕府は、東国の武士が中心になって成り立っていました。逆に西日本への支配は十分ではなく、また朝廷の皇族や貴族たちの領土も多く残されていました。幕府があったとは言え朝廷側の見方では、まだまだ武士達に負けたつもりなどありません。勝手に平氏と源氏が戦い、源氏が勝っただけ、という程度の認識でした。

そんな中、源実朝暗殺の知らせが朝廷に届きます。その時の天皇である順徳天皇や後鳥羽上皇は、北条義時を倒す好機とのことで幕府打倒の準備を始めます。

経過

後鳥羽上皇は幕府の御家人達に対しても院宣を出し、幕府の戦力を削いで味方にしようと画策しました。

ここで院宣について簡単にご説明したいと思います。院宣とは平安時代の後期に使われ始めた、上皇からの指示書のようなものです。院宣の重要度は天皇からの詔勅と同じか、それ以上とされていました。

後鳥羽上皇はこの院宣を出せば、多くの御家人が幕府側から朝廷側につくと信じていたようです。院宣を受け取った御家人達は、後鳥羽上皇の目論見通り大いに動揺しました。

ですが院宣のことを知った北条政子は、御家人達を集めて涙ながらの大演説を行い、結果的に多くの御家人が幕府側につくことになりました。

激突

後鳥羽上皇からすれば御家人を味方に引き入れるというよりも、大半の御家人が朝廷側に味方するはずでした。院宣の効果を期待していた後鳥羽上皇は、勝手に寝返った御家人が北条義時を攻めているだろうと考えながら、悠々と鎌倉への道を進んでいました。ですが一向に義時を討ち取ったという知らせが来ず、むしろ幕府軍が迫っている報告を受けます。

朝廷側は慌てて美濃国(現在の岐阜県)で迎え撃つ構えをとりましたが、兵数に圧倒的な差があり、幕府軍の圧勝となります。北陸にいた朝廷側の別働隊もあっという間に惨敗したため、2方面から京都に幕府軍が迫ることになりました。

ここで朝廷側は西日本の武士達を動員して京都を守ろうとしますが、幕府軍の移動が想像以上に速く、参戦する前に京都での勝負がつきました。

結果

承久の乱の首謀者である後鳥羽上皇と順徳天皇は、それぞれ別の場所に島流しにされました。さらにこの戦いに関係した貴族たちを全て島流しや処刑を行い、幕府に反感を持つ人達が一掃されました。島流しや処刑にあった貴族たちの領地は幕府が没収し、幕府の直轄地や御家人の領地となっています。

そして幕府は今後このような事件が起こらないよう「六波羅探題」という、朝廷や西日本にいる武士達の監視をするための部署を設置します。「六波羅探題」が設置されたことにより、朝廷で官位や皇位継承にまで幕府が干渉することとなり、実質的に幕府の管理下に置かれることとなりました。

また没収した西日本の領地に多くの御家人が配置されることになり、幕府の管理が関東から六波羅探題を経由して、全国に監視が行き届くことになりました。

承久の乱が日本史に与えた影響

朝廷の影響力が著しく減少

乱後に設置された六波羅探題により、天皇家まで鎌倉幕府の監視下に置かれて行動を制限されるだけでなく、領地を没収されるなど経済面でも圧迫されています。ここで僅かに残った天皇家の領土は、各時代の武家政権にゴマをすりながら必死に維持することになりますが、室町時代に起きた10年に渡る戦乱・応仁の乱で完全に荒廃し、それ以降は毎日の食べる物さえ買えないという状態に陥ることになります。

応仁の乱についてはこちらからどうぞ。

乱で失ったものは経済力だけでなく、政治的にも天皇家や貴族はほぼ無価値な存在となり果てます。幸いとも言うべきか、問題の解決手段を暴力に頼る武士達も、「朝廷の官位」という高貴なものに強い憧れを持っていました。そうした一部の上級武士の要請を受けた天皇家や貴族達は、日々の食品や衣類を得るために官位を売る、という売官行為に走り始めます。こうして官位を売り払いながら生き永ら続けた天皇家や貴族達は、明治維新に至るまで日の目を見ることはありませんでした。

承久の乱は単純に幕府が勝ったというだけでなく、朝廷の権威が完全に失墜するキッカケとなった事件でもあります。平安時代末期の保元の乱に敗北した崇徳上皇は、「天皇家を民の地位まで貶めてやる、民に支配される側にしてやる」という壮絶な呪詛の言葉を書き綴って亡くなりましたが、ある意味その呪いが実現してしまったと言えるかもしれません。

崇徳上皇についての記事はこちらからどうぞ。

朝廷軍が敗北した唯一の内乱

錦の御旗の写真

承久の乱でも使われた錦の御旗

承久の乱という兵乱は、長い日本史の中でも特別な大事件と言われています。日本神話の時代から今日現在に至るまで、朝廷軍が負けた日本国内の唯一の戦争となっています。現代日本に生きる我々にとっても、そうしたことが起きるかは別として、天皇家と争うといったことは避けたいことではないでしょうか。当時の人々の感覚もやはり同様だったようで、実際は出兵を渋って日和見する武士達もかなり多かったようです。逆にそういった天皇家との争いを嫌がる武士達を鼓舞することに成功した北条政子や北条義時が、武士によって統治される日本を作り上げたと言っても過言ではないでしょう。

ちなみにこの戦いに臨んだ後鳥羽上皇は、これ以降朝廷軍のトレードマークとなる「錦の御旗」を使用しています。時代ごとにデザインは異なりますが、赤い旗地に金色の文字で「天照皇大神(あまてらすおおみかみ)」の名が刺繍されていることは各時代とも共通しており、戊辰戦争でも朝廷軍である証として薩長連合軍に渡されています。この「錦の御旗」を持つ軍と戦うことはそのまま「朝敵」となるため、戊辰戦争では兵達だけでなく武将クラスまで旗を見て逃げ出すことも多々あったようです。

まとめ

今回の記事では承久の乱によって朝廷の権威が失墜し、幕府による全国統治するところまでをご説明しました。

次回は北条氏が行った御家人の統治や、源氏が絶えてからの将軍に関係するご説明をします。

次の記事

前の記事

コメント