鎌倉時代

鎌倉時代

鎌倉時代3 承久の乱 | 朝廷と武士の立場が逆転するキッカケとなった事件

今回の記事では、3代将軍源実朝が暗殺され、その後に起きた朝廷との争い・承久の乱の一部始終をご説明します。 乱が起きた背景として鎌倉将軍が公暁という謎の人物に暗殺されたことで、幕府内が混乱に陥ったことに端を発しています。朝廷側の後鳥羽上皇は混乱に乗じて鎌倉幕府を打倒するために挙兵し、2代執権・北条義時や北条政子がこれを迎え撃ちます。
鎌倉時代

鎌倉時代1 鎌倉時代の始まり | 源頼朝による鎌倉幕府成立

鎌倉時代という言葉から受けるイメージは、「武士の時代」ではないでしょうか。実際に初めて幕府という、武士による政権が作られています。 ですが幕府が日本全国を管理下に置き、外交にまで口を出す権力を手に入れたのは、幕府ができてからすぐのことではありません。平氏を打倒して間もない頃は、源頼朝を支持して兵を出した関東と、せいぜい中部地方くらいまでが支配地域でした。