鎌倉時代

鎌倉時代のまとめ・その他記事

北条氏への不満を逸らすための歴史書・吾妻鏡の考察

鎌倉時代の後期に成立した歴史書「吾妻鏡」が執権北条氏によって編纂された目的、また製作された背景に関する考察記事です。
用語集

日本初の武家政権による歴史書「吾妻鏡」

執権北条氏の主導によって編纂された鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、源頼朝・源頼家・源実朝の源氏3代、そしてその後の摂家将軍を経て宗尊親王が将軍になる時期までが記されています。
平安時代のまとめ・その他記事

平泉の地で栄華を誇った一族・奥州藤原氏

蝦夷の血を引きながら清原氏を乗っ取った藤原清衡、兄弟間の争いを制して家督を継いだ藤原基衡、最盛期を築き上げた藤原秀衡、そして奥州藤原氏最後の当主となった藤原泰衡についてご紹介しています。
鎌倉時代のまとめ・その他記事

本命と中継ぎがハッキリしすぎな鎌倉幕府の執権一覧

鎌倉幕府の実質的支配者だった北条氏ですが、鎌倉時代の中期頃からチラホラ見かける「中継ぎ」の執権にも触れながら、歴代16人の執権をご紹介しています。
鎌倉時代のまとめ・その他記事

追放と暗殺ばかり!鎌倉幕府の将軍一覧

鎌倉幕府を創立した源頼朝以降、その子供達や摂家将軍・宮将軍など、それぞれ将軍になった経緯と主な出来事、そして主に追放で締めくくられる退任の理由をご紹介しています。
鎌倉時代の人物録

元寇に立ち向かった若き英雄・北条時宗

北条時宗は元寇が起こる直前に8代執権に就任し、文永の役・弘安の役での日本軍を勝利に導いています。
鎌倉時代の人物録

御成敗式目を制定した鎌倉幕府中興の祖・北条泰時

御成敗式目の制定や鎌倉市街の区画整備など、鎌倉幕府の安定に尽力した北条泰時の人物像やエピソードをご紹介しています。
江戸時代

主君と臣下の利害によって成り立っていた封建制

日本やヨーロッパの中世は、主君と臣下が土地を仲立ちとして結び付く封建制の社会でしたが、比較的ドライでお互いに利害を重視した関係でした。
用語集

一遍が開祖とされる芸能分野にも貢献した時宗

一遍上人を開祖とする時宗は浄土宗から枝分かれした鎌倉仏教の一つですが、踊り念仏という布教の特性からか日本の芸能面にも強い影響を与えています。
用語集

道元が持ち込んだ座禅による悟りへの道・曹洞宗

道元が中国の南宋から持ち帰った「只管打座」の教えは、特に民衆や下級武士、そして女性に受け入れられ、道元の没後に曹洞宗の教団が立ち上がっています。