鎌倉時代

鎌倉時代

梶原景時は因果応報の果てに散る

源頼朝の命を救った梶原景時は、武士としての能力だけでなく持ち前の落ち着きや教養で頼朝の信頼を勝ち取っています。源平合戦の作戦を巡って確執のあった源義経の排除には成功していますが、源頼家が将軍職を継ぐと十三人の合議制が発足、鎌倉殿の13人となった直後に梶原景時の変で討ち取られています。
鎌倉時代

日本を駆け巡る源頼朝の幼馴染・中原親能

子供の頃に源頼朝と共に過ごした時期を持つ中原親能は、平氏に追われて鎌倉へ落ち延び、平氏打倒の挙兵をした頼朝と合流しています。各地での軍功だけでなく朝廷との交渉役をも務め続けた親能は、弟・大江広元と共に鎌倉幕府の中心人物となり、「鎌倉殿の13人」にも名を連ねています。
鎌倉時代

武士の世を形作った男・大江広元

朝廷における下級役人の家柄・中原氏として生まれた大江広元は、兄である中原親能と源頼朝の友人関係により御家人になっています。国地頭の任命権を得るという進言など多方面で活躍しており、源頼家の将軍就任後には鎌倉殿の13人にも含まれ、北条義時らと協調しながら幕政をリードし続けています。
鎌倉時代

源頼朝を支え続けた忠臣・比企能員

源頼朝が伊豆国への流罪を受けた後にも比企能員は献身的に仕え、親族のような親しい間柄で支援をし続けました。頼朝の死後には2代目の将軍・源頼家をサポートするため、鎌倉殿の13人の一人として合議に加わっています。ですが頼家の危篤の際に北条時政と対立、乱が起き一族もろとも滅亡しています。
鎌倉時代

倭寇が海賊行為を働いた理由と変遷 | 東アジアの国々を巻き込んだ一大ムーブメント

倭寇とは中国大陸や朝鮮王朝から見た日本人の賊を意味する単語ですが、一口に倭寇と言っても前期と後期では別の活動を行っており、構成している人種も異なっています。前期には朝鮮半島や中国沿岸部を荒らし回った倭寇でしたが、戦国時代の頃には私貿易の仲介者となり、また東南アジアに移り住んだ人々は土着するなど、かなりバリエーションのある変遷をしていきます。
鎌倉時代

鎌倉時代4 宝治合戦と幕府体制の移り変わり | 源氏以外の将軍就任

今回の記事では承久の乱後に、北条氏の主導により幕府統治がより強固なものになっていく流れをご説明します。 源実朝が暗殺されてから承久の乱が起きている間まで、正式な将軍は不在のままとなっています。北条義時は源氏から次の将軍は選ばずに、朝廷から貴族を将軍にするために招くことにしました。
鎌倉時代

鎌倉時代2 比企能員の変 | 御家人たちの争い

今回の記事では頼朝の将軍就任から死去、その後には幕府の有力な御家人である梶原景時や比企能員が内戦で次々と滅び、そして将軍の権威がなくなっていく場面のご説明をします。
鎌倉時代

鎌倉時代5 元寇 | モンゴル帝国の襲来

元寇は大きく分けて2回起きており、1274年の一回目が文永の役、1281年の二回目が弘安の役と呼ばれています。7年もの間をあけて2度も日本に攻め込んできたフビライ・ハンの元軍に対して、北条時宗を中心に武士団がまとまり、元軍を撃退することに成功します。
鎌倉時代

鎌倉時代の豆知識

今回の記事では、鎌倉幕府の幕府や将軍位、また元寇の折に元軍が使用した「てつはう」という武器についての考察など、雑学的な豆知識を記載しております。 学校の教科書にこんな文章が書かれていませんでしたか? 「元軍はてつはうという武器を用い、日本軍を苦しめた」といった文章です。この平仮名で表記される「てつはう」という武器は、陶器や鉄の容器に収められた簡素な爆弾です。使い方は導火線に火を点けてから敵に向かって投げ、爆音や爆風で相手を攻撃したり威嚇したりする道具です。
鎌倉時代

鎌倉時代6 鎌倉幕府の終わり | 後醍醐天皇は諦めない

今回の記事では、幕府による元寇の経済的な打撃の回復策と、幕府が滅亡していくまでをご説明したいと思います。 元寇で戦った御家人達は、移動から装備品などを全て自費で賄っていました。 このこと自体はごく普通のことで、御家人達も自費で参戦すること自体は何の疑問もなかったと思います。ですが問題は、戦争に参加して十分な報奨が得られなかったことですね。