用語集

用語集

執権を補佐する鎌倉幕府の二番手・連署

連署は鎌倉幕府内で執権を補佐する役職ですが、その重要性から立ち位置的には幕府のNo.2に相当し、執権同様に北条一門が独占しています。
用語集

子供から成人になるための通過儀礼・元服

成人として認められるための通過儀礼である「元服」は、貴族や武士といった特権階級だけでなく民衆にも普及しています。
用語集

仏教の戒律を受け入れた証・戒名

戒名とは出家し戒律を受け入れた証として与えられる名前ですが、戦国時代以降は異名のように使われた例も多くあります。
用語集

家長に家の財産と権力全てを集約させる家制度

大化の改新から始まった、家長に財産と権力を集約する「家制度」は、明治維新によって職業選択が自由になったことで意義が消失しています。
江戸時代

主君と臣下の利害によって成り立っていた封建制

日本やヨーロッパの中世は、主君と臣下が土地を仲立ちとして結び付く封建制の社会でしたが、比較的ドライでお互いに利害を重視した関係でした。
その他考察

古代・中世・近世・近代など時代区分について

古代や中世、近世や近代など、日本史だけでなく歴史全般で使用される時代区分についてご説明しています。
用語集

一遍が開祖とされる芸能分野にも貢献した時宗

一遍上人を開祖とする時宗は浄土宗から枝分かれした鎌倉仏教の一つですが、踊り念仏という布教の特性からか日本の芸能面にも強い影響を与えています。
用語集

道元が持ち込んだ座禅による悟りへの道・曹洞宗

道元が中国の南宋から持ち帰った「只管打座」の教えは、特に民衆や下級武士、そして女性に受け入れられ、道元の没後に曹洞宗の教団が立ち上がっています。
用語集

日本に栄西が持ち帰った鎌倉仏教の一つ・臨済宗

栄西が宋から持ち帰った鎌倉仏教の一つ・臨済宗は、鎌倉幕府・室町幕府の将軍からも支持を受けて繁栄した後、日本人の生活や習慣にも多大な影響を及ぼしています。
用語集

法然が提唱した専修念仏による極楽往生・浄土宗

鎌倉仏教の一つとされる浄土宗は、開祖・法然によって提唱された「専修念仏」を主な教義とし、親鸞の浄土真宗など他宗派の土台ともなっています。