用語集

用語集

中世日本における同業者組合が「座」です

商人による同業者組合として成立していた「座」ですが、織田信長の楽市楽座政策によって無効化され、最後まで抵抗した「本所」比叡山延暦寺が焼き討ちされたことでほぼ消滅しています。
室町時代のまとめ・その他記事

室町将軍に次ぐ2番手の役職「管領」について

室町幕府における将軍に次ぐ地位となる、「管領」職の成り立ちや役割、そして鎌倉幕府における「執権」との比較考察などを掲載しています。
用語集

日本初の武家政権による歴史書「吾妻鏡」

執権北条氏の主導によって編纂された鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、源頼朝・源頼家・源実朝の源氏3代、そしてその後の摂家将軍を経て宗尊親王が将軍になる時期までが記されています。
用語集

一夫多妻制における正妻の最初の男児・嫡男

古代より日本は一夫多妻制でしたが、高貴な血脈を保つためにできる限り身分の高い女性の子供を後継者とするため、正室が産んだ最初の男児を嫡男として扱う慣習があります。
用語集

執権を補佐する鎌倉幕府の二番手・連署

連署は鎌倉幕府内で執権を補佐する役職ですが、その重要性から立ち位置的には幕府のNo.2に相当し、執権同様に北条一門が独占しています。
用語集

子供から成人になるための通過儀礼・元服

成人として認められるための通過儀礼である「元服」は、貴族や武士といった特権階級だけでなく民衆にも普及しています。
用語集

仏教の戒律を受け入れた証・戒名

戒名とは出家し戒律を受け入れた証として与えられる名前ですが、戦国時代以降は異名のように使われた例も多くあります。
用語集

家長に家の財産と権力全てを集約させる家制度

大化の改新から始まった、家長に財産と権力を集約する「家制度」は、明治維新によって職業選択が自由になったことで意義が消失しています。
江戸時代

主君と臣下の利害によって成り立っていた封建制

日本やヨーロッパの中世は、主君と臣下が土地を仲立ちとして結び付く封建制の社会でしたが、比較的ドライでお互いに利害を重視した関係でした。
その他考察

古代・中世・近世・近代など時代区分について

古代や中世、近世や近代など、日本史だけでなく歴史全般で使用される時代区分についてご説明しています。