徳川家康

戦国時代の宗教史

忠誠心と信仰心が試される!三河一向一揆

浄土真宗という仏教宗派が引き起こした三河一向一揆では、松平家の家臣団も一揆勢に加担しており、徳川家康の三大危機にも数えられる一大事件にまで発展しています。
江戸時代

主君と臣下の利害によって成り立っていた封建制

日本やヨーロッパの中世は、主君と臣下が土地を仲立ちとして結び付く封建制の社会でしたが、比較的ドライでお互いに利害を重視した関係でした。
その他考察

古代・中世・近世・近代など時代区分について

古代や中世、近世や近代など、日本史だけでなく歴史全般で使用される時代区分についてご説明しています。
江戸時代

江戸幕府樹立に尽力した徳川家康配下の名将達・徳川四天王

徳川家康の江戸幕府の創立に最も貢献した、徳川四天王と呼ばれる本多忠勝・井伊直政・榊原康政・酒井忠次の4人を一人ずつご紹介しています。
その他考察

敗北していった戦国大名たちの目的とは

戦国時代は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑リレーによって幕を閉じていますが、この記事では敗北していった大名の目的や負けた理由をご説明しています。
戦国時代の人物録

織田信秀・織田信長・織田信忠の3代に仕えた名脇役・河尻秀隆

織田信秀の代から織田家に仕えた河尻秀隆は、織田信長と今川義元が激突した桶狭間の戦いにも参戦し、また織田信忠軍団の副官として甲州征伐にも参戦しています。
その他考察

豊臣政権を実質的に動かしていた行政官・五奉行

石田三成・浅野長政・前田玄以・長束正家・増田長盛の5人は、豊臣政権下で五奉行と呼ばれ、戦闘だけでなく物資調達や政務の執行、また各地の大名との交渉など行政分野で貢献しています。
用語集

旗本とは主君の親衛隊を任されたエリート武士です

戦国時代頃の旗本は主君を護衛する親衛隊の役割を持ち、各大名家のエリートが任命されていましたが、江戸時代には身分制度に取り込まれています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

豊臣秀頼と豊臣政権を支えるべくして選ばれた「はず」の男たち・五大老

秀次事件で不安定になった豊臣政権を支えるため、そして豊臣秀吉の嫡男・豊臣秀頼のため、徳川家康・前田利家を筆頭格として、毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家が五大老に選ばれています。
安土桃山時代のまとめ・その他記事

賤ヶ岳の戦いから関ヶ原の戦いまで・安土桃山時代後半のまとめ

賤ヶ岳の戦いや小牧・長久手の戦い、九州征伐と小田原征伐、そして朝鮮出兵と関ヶ原の戦いなど、安土桃山時代の後半に起きた出来事をまとめています。