鳴かないホトトギスはどうしますか? | 戦国の三英傑・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

三英傑のイラスト その他考察
戦国の三英傑

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場

いきなりやっちゃうタイプ・織田信長

魔王にすら例えられた織田信長

鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

三英傑のトップバッター、みんな大好き戦国の革命児・織田信長の性格を端的に表すとこんな歌になってしまうようです。確かに信長の残虐性を示す出来事は枚挙に暇がなく、特に敵になった相手に対しては情け容赦などありません。伊勢長島の一向一揆鎮圧では二万人を焼殺、また神域でもある比叡山の焼き討ちなど、誰彼かまわず焼きまくったような印象すらあります。特に比叡山延暦寺の焼き討ちについては当時も大いに非難を集めたようで、同盟していた武田信玄ですら信長に対して「魔王ですか?」なんて手紙を送りました。また他の場面では「城を明け渡せば命は助けるよ」という条件で開城させてからの騙し討ちなど、残虐なだけでなく卑劣な手段も躊躇なく使っています。

もちろんそんな残虐極まりない手段を使ったことには一応理由があります。織田信長が継いだ頃の織田家はまあまあくらいの家柄でしかなく、武士社会全体で見れば飛び抜けた家格ではありません。そんな家柄に生まれた信長が幕府将軍を奉戴し京都を制圧したことで、目立ちすぎて周囲の大名が一気に敵に回り、幾度となく「信長包囲網」が形成されました。この苦境を打破するためには敵にわずかな情けもかける余裕すらなく、制圧した地域を確実な拠点とするために必要な「残虐性」だったものと思われます。

家臣に手厳しいブラック大名

あだ名をつけて徹底的に家臣イジメ

当時の武士とて立派な社会人であり、むしろ人を率いて戦場に立たせなければいけない分、人を惹き付けるカリスマ性、そして優しさや道徳性も必要だったのではないでしょうか。そんなご時世にあっても織田信長の家臣イジメは割と有名で、特に明智光秀や羽柴秀吉は色々なあだ名を付けられて弄ばれていました。

羽柴秀吉の「猿」はあまりに有名なあだ名ですが、他にも多指症で指が6本あったことから「6つ目」とも呼ばれ、明智光秀に至っては「ハゲネズミ」や「キンカン頭」など、呼ばれた本人が確実に不愉快になるあだ名をつけられています。信長に引導を渡した「本能寺の変」も直接的な理由は全くわかっていませんが、根本的なところでは信長の陰湿さが招いた事件なのかなとも感じられます。

明智光秀さん、もしかして「本能寺の変」はその復讐ですか?

ヨソモノには若干厳しい織田信長

織田信長が大きく勢力を拡大できた要因として、優秀かつ忠実な家臣の存在が挙げられます。そのため人材を吸収しまくっているかのような印象を受けますが、実は重用された家臣のほとんどは織田家に歴代仕えている譜代で占められており、信長の代から仕え始めた重臣は明智光秀や羽柴秀吉などごくごく一握りしかいません。

そんなヨソ者も認められようと必死に働きはしたものの、信長が持つ陰湿な部分に嫌気が差したのか、彼らの心は次々と折れて離反の道を辿りました。戦国三大梟雄入りも果たした松永久秀、また京都を制圧した後に家臣入りした荒木村重や別所長治、そして明智光秀や後に織田家を乗っ取った羽柴秀吉も含めて考えれば、いかに信長がヨソ者にとってシンドかったかが何となく窺えます。とは言え譜代家臣の筆頭格・佐久間信盛も結局追放されているため、誰にとってもシビアな労働環境のブラック大名だったのかもしれませんね。

松永久秀や明智光秀など織田信長に謀反した人物たちのまとめはこちらから。

あれこれ工夫するタイプ・豊臣秀吉

創意工夫とド派手なパフォーマンスで天下人に

鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス

思い描いた夢を叶えられた人なんてこの世に一握りしか存在しないでしょうが、三英傑の一人に数えられる豊臣秀吉は間違いなくその内の一人でしょう。農民だか行商人だかよく分からない出自でありながらも、人に愛される愛嬌と持ち前のクソ度胸、そして創意工夫に富んだ様々なアイデアを駆使して天下統一というゴールに漕ぎ着けました。秀吉本人も高い創造性を持っていたにも関わらず、さらに竹中半兵衛や黒田官兵衛といった参謀を知恵袋として用い、計画の段階で他のライバルを圧倒できたことも天下人になれた要因でしょう。また「北野大茶会」に代表されるような派手な催し物も大好物だったようで、民衆だけでなく大名にまで「スゲー」と思わせ続けたパフォーマンス性も成功の理由だと思われます。

織田家が大敗北を喫した「金ヶ崎の戦い」では、最も危険な軍の末尾を守る「殿軍」を務めた上で生還するなど、戦闘の現場における豊臣秀吉も非常に優秀だったようです。ですが司令官になった後の秀吉にはやはり謀略家の印象が強く、敵武将の内応工作や大規模工事を行っての水攻めなど、やはり戦いに臨む前の「仕込み」の多さが特徴的です。「敵と戦わずして勝つ」を体現したかのようなその戦い方は、まさに「鳴かせてみよう」のフレーズが相応しいと言えるでしょう。

ポルトガル人宣教師に酷評された人格破綻者

豊臣秀吉は現代でも人気が高く様々なところで話題にされますが、主家である「織田家を乗っ取った」ことについては不思議な程イジられることがありません。そのため華麗な成り上がりストーリーに良い印象を持ってしまいがちですが、実際は主家を乗っ取ってドヤ顔、さらにかつての上役に罵倒を加えるなど、なかなか意地の悪い性格の持ち主でもあったようです。また天下統一後に自身をバカにした落書きを見つけると、多くの人員を使って犯人を捜索し、7人の鼻を削いだ上で処刑、なおかつ関与した可能性がある63人を処刑するという残虐なこともしていたりします。

このことはポルトガル人宣教師「ルイス・フロイス」も自身の著書「日本史」に記述しており、性格だけでなく口の悪さ、そしてすぐ嘘をつく点についても言及されています。また秀吉は女性に対して全く見境がなかったようで、留守にしている家臣の妻の元へ通い普通に手を出していたようです。このフロイスは織田信長とも親交があり、信長に関しては「まさに王たる風格を持っている」なんてベタ褒めの記述を残していますが、秀吉に関しては「醜悪・淫蕩(どスケベ)・下品・残虐」と、もはや手の施しようがない程に酷評されています。

秀吉の悪口や各種エピソードはこちらからどうぞ。

そんな秀吉もお母さんだけは異常なまでに大切にしていたようで、健康を気にしておびただしい数の手紙を送っていました。秀吉が朝鮮出兵で不在の間にこのお母さんは亡くなっているのですが、母を亡くした後の秀吉はあまりのショックで数日ロクに口が利けなくなったとか。誰にとっても母親はありがたいものですが、秀吉の場合は他の事との落差が大きすぎて妙にピンとこなかったりします。

じっと待つタイプ・徳川家康

強い忍耐力で天下の主となった男

鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス

江戸時代を切り開いた三英傑の一人・徳川家康の人生は、漫画の主人公であるがごとくドラマチックなピンチに彩られています。小さな子供の頃から今川義元に人質に出され、桶狭間の戦いで負けたら今度は国元で三河一向一揆が発生、落ち着いたと思ったら本能寺の変で伊賀越えをするハメになるなど、本人の判断に全く関係しないところで不幸が連続して起こりました。また武田信玄やら豊臣秀吉といった「どうやっても勝てなそうな敵」と戦う機会も多く、家康の前半生は明らかなハードモードと言えるでしょう。あまりにピンチが多すぎて「徳川家康の三大危機」なんて言葉もありますが、三大がある以上はその他にも多くの危険があったということですよね。

そんな家康さんも豊臣秀吉との戦い「小牧長久手の戦い」が終結すると、豊臣家に次ぐ2番手の地位をキープ、ここからはそれ程大きなピンチに見舞われていません。とは言え「小牧長久手の戦い」も豊臣秀吉は続行する気満々だったのですが、天正大地震という大災害に見舞われたことでウヤムヤになったという、不運続きの後にようやく訪れた幸運で凌ぎきっています。後に豊臣秀吉が老衰で亡くなると、家康は関ヶ原の戦いで石田三成の西軍に勝利し、耐えに耐えた後に征夷大将軍に就任し天下人の座を手にしています。

やや根暗系男子・徳川家康

徳川家康という人物は子供の頃からの苦労人ということで、家臣と余計なことをしゃべったりすることは少なく、割と何を考えているかわからないタイプだったようです。特にハシャイだりもせず淡々と家臣に司令を出し、報告を聞いてはまた一人悩むという内向的な性格だったようで、家臣からすれば結構とっつきにくかったのかもしれませんね。

そんな家康さんですが趣味の幅は異常に広かったらしく、読書やら囲碁やら将棋やら剣術やら香道やら色々とやっていたようですが、中でも「薬」については本職の医者や学者ですら舌を巻くほどの知識を持っていました。

自前で薬を作る程のヘルシスト

徳川家康は日常的な生活の中でも健康第一を心がけていたようで、食事は麦飯と魚・野菜といったヘルシーなものばかり食べていたという記録が残っています。そして「薬」に関しては自ら大量の薬学書を読み込んで自前で調合して服用し、さらにその効果まで記録するという徹底ぶりでした。当時としては非常に珍しいオットセイを使った薬を作っていた記録すら残っており、そのこだわり方は完全に素人芸の域を越え、医者が薦める薬よりも自分の薬を飲んだことすらあったそうです。

その健康への情熱は幕府直営の薬園を開設するほどで、実のところ徳川家康は意外にも日本の薬学史・医療史にも強い影響を与えています。家康は戦場で家臣が怪我をしたのを見ると石鹸を手渡して洗うように命じたらしいのですが、衛生面を気遣う精神はコロナ禍真っ盛りの現代においても見習いたいものです。

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場

twitterフォローでさらっと日本史の新着記事をチェック!

コメント