戦国時代2 両細川の乱 | 細川政元の後継者を巡る氏族内の争い

細川九曜紋 戦国時代

今回の記事では、明応の政変でクーデターを起こした細川政元が幕府の主導権を握ったその後、細川氏族内の対立から内戦に至るまでをご説明します。

ですがその前に明応の政変後の足利義稙の足取りと、細川政元という人物について触れておきたいと思います。

政変後の足利義稙

京都脱出後の義稙

細川政元によって京都内で幽閉されていた義稙でしたが、その後京都からの脱走を成功させ、越前(現在の福井県)に逃げ込みます。そして元将軍の肩書を駆使して味方を募り、京都へのカムバックを目指して挙兵します。

しかし明応の政変で大惨敗していた義稙に大軍を用意できるはずもなく、政変の折に最後まで義稙に味方をしていた者達や、比叡山や高野山の僧兵などを味方につけての挙兵でした。要するにちょっと寄せ集め感の強い軍ですね。

そんな軍で政変を制して勢いバリバリの細川政元に勝てるわけもなく、普通に敗れて今度は西へ落ち延びていきました。

西の横綱 大内氏

当時の周防(現在の山口県)には、大内義興という大物守護大名がいました。大内義興は応仁の乱では西軍に属しており、義稙の父である義視を支持していた立場でした。そのため義稙はその縁を頼り、大内義興の元で匿ってもらおうと周防へ向かいます。

応仁の乱についてはこちらからどうぞ。

大内義興は中国地方の西部と九州北部の守護職を兼ねており、その領地は広大なものでした。家柄も名門中の名門だったため、いつかは細川氏のように管領職に就きたいという野心を持っている人物でもありました。そのため元将軍の肩書を持つ義稙を後に幕府内で権力を握るためのアイテムとして匿い、京都進出のタイミングを図ります。

それでは次に、細川政元という人物について簡単にご紹介したいと思います。

細川政元という(変な)人物

山伏信仰に没頭する

明応の政変を制して事実上の最高権力者となった細川政元でしたが、政元には子供がいませんでした。というのも政元は修験道の一派の山伏信仰に没頭しており、生涯妻もおらず女性を近づけることがなかったと言います。

ちなみに政元はあまりに山伏信仰に凝ってしまったため、天狗の術を得るために怪しげな修行に熱中したり、急に諸国を放浪し始めるというなかなかの変わり者だったようです。

ともあれ細川家はすでに室町幕府を代表する家柄となっており、細川家の存続は幕府の安定にも繋がるため家督を継がせるための養子を取ることとなりました。

なぜか養子を3人とる

細川政元は摂関家の九条家から養子をもらいうけ、細川澄之と名乗らせます。そして澄之を正式に後継者と定め、丹波(現在の京都府北部)の守護職を与えます。

とここまではいいのですが、なぜか政元はさらに養子を増やします。今度は同族である細川家から細川澄元を養子として迎え、そしてここでも家督相続を約束するという訳のわからなさです。当然すぎるほど当然なのですが、澄之と澄元はお互いに自分の家督後継権を主張し、どちらかを支援し始める者がどんどん現れ派閥争いの体を成してきました。

2人の後継者争いでも十分に混乱をもたらしていたのですが、ここでもう一人養子がいたことが発覚し、事態はさらに混乱します。こちらも同族からの養子で、細川高国という人物でした。

永正の錯乱

細川政元暗殺される

とはいえこの時点で細川政元はまだ健在でしたので、後継者争いは表立ったものにはならず、水面下での出来事でした。後継者候補になっていた3人はヒヤヒヤものだったでしょうけどね。ですがそんな中で事態が急展開します。

前述してはいますが細川政元には放浪癖という、権力を持っている人としてはありえない行為を行う人物でした。政元が放浪するたびに幕府政治が滞ってしまうため、政元がいない間は細川家の家臣達が合議で政治を取り仕切っていました。この細川家家臣の中の澄之派が突然行動を起こし、水浴びをしている真っ最中だった政元を襲い暗殺します。ちなみにこの時の政元は、魔法を習得するための儀式の前準備として水浴びをしていたようです。どんな魔法を覚えようとしていたのか、ちょっと知りたい気にもなってしまいますよね。

細川氏の家臣達が政元を暗殺した理由は明らかにはなっていませんが、根本的な原因としてはやはり後継者問題のモツレからでしょう。もともと澄之は細川氏の出身ではなく摂関家という貴族から養子として迎えられており、立場として若干弱かったんですよね。最初に後継者として養子に来た時は問題なかったのですが、その後すぐに細川氏からの養子が立て続けに来てしまったため、澄之とその支持者としては居ても立っても居られず追い詰められた心境だったのでしょう。

ともあれ細川家にとっても幕府にとっても大黒柱であった政元の死は、いつものように幕府恒例の後継者争いに発展していくことになります。

澄之さっそく脱落

政元を討ち取った澄之とその一派は、後継者候補の一人である澄元やその味方である三好之長の屋敷に襲いかかりました。澄元と三好之長は捕まることはなく脱走には成功したのですが、他の後継者候補がいなくなったのをいいことに、澄之はすぐに細川家の家督を継ぐことに成功しました。

ですがここでもう一人の後継者候補である高国は、自身は前に出ずに澄元を後継者として認めることとし、澄元を支援し始めます。

そして逃亡先で味方を募った澄元や三好之長は高国の軍と共に澄之を攻撃し、負けてしまった澄之はそこで自害します。そして家督を継いでいた澄之がいなくなったことで、澄元は細川家の家督を取り返すことに成功しました。

動き出す大内義興と足利義稙

明応の政変後もゴチャゴチャと動いていた前の将軍の足利義稙でしたが、この頃は大内義興の元で匿われる格好となっていました。

もともと西日本最大の大名だった大内義興は、細川氏にとって心強い味方というよりも、自分の地位を脅かしかねない強大なライバルです。そのため細川澄元は大内義隆を討伐するため、中国地方の国人たちに大内義興を攻撃する命令を出しました。

ですが西の横綱たる大内義興は、細川家が後継者争いでつい最近までモメていたことを知っていたため、むしろ国人達を吸収して京都へ軍を進めることとなりました。

今度は細川高国が家督を

この時点で細川家は澄元が家督を継いでいましたが、澄元を支援していた三好之長も幕府内でイケイケ状態でした。そんな三好之長の振る舞いに嫌気が差していた人達は細川高国の元に集まり、やっぱり高国に細川家を継いでもらいたいと願うようになっていました。

大内義興が京都へ向かっていることを聞きつけた高国は大内義興に使者を出し、大内義興(と義稙)を味方につけることに成功します。そして高国と大内義興が手を組んだことを聞きつけた澄元と三好之長は、戦うこともなく11代将軍義澄を連れて京都を脱走し、高国はそのまま京都で細川家の家督を継ぐこととなりました。さらにここで将軍が不在となってしまったため、なんとここで足利義稙が将軍に返り咲くことになります。義稙としては、長い旅路がようやく報われたというところでしょう。この時点で将軍の地位なんかほとんどメリットがないだろう、とか思ってしまうのは筆者が現代に生きているからなのでしょう。当時としては、旨味がなくてもなりたいのが将軍、といったところだったのかもしれません。

ですがここで一段落かと思いきや、争いはまだまだ止むことはなく、次の争いに続きます。

両細川の乱

内容はダイジェストでどうぞ

この戦争については、あまりにも長すぎるのでダイジェストにしたいと思います。

  • 澄元勢が京都を攻撃し、大内義興、高国、義稙が京都から撤退
  •               ↓
  • 11代将軍義澄(この時の将軍は義稙なので前の将軍)病死
  •               ↓
  • 大内義興 帰国(高国勢で大量に兵を持っていた人がいなくなる)
  •               ↓
  • 義稙 高国を見捨てて澄元側につく(ずるい)
  •               ↓
  • 高国 京都を攻撃して三好之長を捕らえ処刑
  • 澄元も捕まったが京都追放後にすぐ病死(子の細川晴元が戦いを引き継ぐ)
  • ついでに義稙もいたので将軍職を剥奪して義稙を京都から追放
  • 義澄の子である足利義晴を12代将軍に就任させる
  •               ↓
  • 細川晴元(澄元の子)が京都を攻撃し、晴元勝利
  • 高国は将軍義晴を連れて脱出
  •               ↓
  • 高国 京都奪還のため晴元を攻撃するも敗北
  •               ↓
  • 高国 また京都を攻撃するも捕まって自害

というところで、晴元側が勝った形でようやく終結です。結局1509年から1532年まで、両陣営は暗殺や内通などのあらゆる手段を使いながら20年以上も延々と戦い続けました。応仁の乱よりも長く戦い続けたのですが、舞台は京都とその周辺だけで、規模はかなり小さくて地味な印象です。

この戦乱が続いていた間の晴元陣営は、高国という共通の敵がいたためまとまっていたのですが、高国がいなくなったことで内輪もめを始めます。次は細川氏の中だけでなく、細川家家臣の家柄である三好氏も混じえてまたゴチャゴチャと争います。その部分に関しては、次回の記事でご説明したいと思います。

今回のまとめ

今回の記事では、永正の錯乱と両細川の乱についてのご説明をしました。

次回は両細川の乱で勝った細川晴元の行く末と、寺社勢力同士の争いをご説明いたします。

次回記事

前の記事

コメント