鎌倉時代5 元寇 | モンゴル帝国の襲来

中国船 鎌倉時代

今回の記事では鎌倉時代に起きた、日本史上数少ない外国からの侵略である元寇に、鎌倉幕府と御家人が立ち向かう戦いのご説明をしたいと思います。

元寇とは

まず元寇とは、当時というより世界史上で最も広い領地を持っていたモンゴル帝国内の、元という王朝による日本への侵略戦争を言います。

元は日本に大きく分けて2回侵攻してきています。1274年の一回目が文永の役、1281年の二回目が弘安の役ですね。元寇という単語でひと括りにしてしまうと2回目がすぐに来たかのように感じますが、実際は7年もの間が空いています。

ちなみに当時は元寇という単語は使われておらず、当時の歴史書には蒙古襲来などと表記されていました。では元寇という単語はいつから使われたのかというと、江戸時代に水戸光圀が編纂した大日本史という本が最初に使っているようです。水戸黄門が最初に元寇という単語を使い始めたという驚きの事実です。

元が日本を欲しがった理由

黄金の国ジパング

ひとつには元の皇帝フビライ・ハンが聞きつけた話の中で、日本には黄金で出来た建物があり黄金で溢れかえっている、というとんでもないデマを耳にしたことに端を発しています。現代ではそんな噂を聞いたらまずはグーグルアースで調べそうなものですが、当時はそんな便利なものはないため、「攻め込んで確認すればいい」というジャイアンも真っ青の理由で日本への攻撃を検討し始めます。

フビライ・ハンが興味を示した東方見聞録
マルコポーロの東方見聞録

マルコ・ポーロが書いた「東方見聞録」にも、フビライ・ハンは日本が黄金で溢れかえっていることを知り日本に強い興味を持った、という記述があります。こんな噂を流した人こそが、元寇が起きた原因なのかもしれませんね。

元と南宋の争い

もうひとつの理由は、当時の元は中国の南側にあった南宋との戦いが続いており、南宋を追い詰めるために日本の位置はかなり重要であったためです。元には日本を従属国にして、南宋への包囲網を強める意図があったんですね。

そして元はまず、外交で日本を屈服させるために書状を送ります。

外交で属国化させようとする元

元から日本に送られた書状の内容は、日本に対して元の従属国となるよう要求するものでした。当時の日本では朝廷が外交を担当していたのですが、朝廷は唐突な元からの従属要求に大混乱となります。突然強大な外国から従うように言われたら、パニックになるのもわかる気はしますね。

ですが結局朝廷は幕府とも相談をしながら、従属国にならないことを元の使者に伝えます。

高まる緊張に警戒する幕府

一度日本に断られた後もたびたび日本に従属することを迫る元でしたが、そうこうしているうちに南宋との戦いが有利になり、日本を攻めるだけの軍事的な余裕ができてきます。外交で従わないのなら攻めようと、軍艦を作り日本侵攻の準備を進めていました。

当時の幕府執権は北条時宗が就任したばかりです。時宗は元の侵攻する意図を知り、九州に御家人を多く配備して襲来に備えました。

そして1274年、ついに満を持して元が襲来してきます。

元寇と日本軍の対応

文永の役

壱岐の島や対馬を圧倒的な戦力で攻め落とした元軍は、九州に攻め寄せてきました。幕府は九州の御家人を中心に迎撃しましたが、見たことのない戦術や日本では使われることのない毒矢を使う元軍に苦しめられます。

なんとか耐えながらも、じわじわと押され続けていた幕府軍でした。ですがある朝に元軍がいた場所を見てみると、元軍がいなくなっているという不思議なことが起こります。

なぜ元軍が撤退したかと言えば、元軍撤退の前日に起きた戦闘で元軍の司令官が負傷していたからです。そして元軍の撤退中にタイミング良く強風が吹いて多くの船が沈み、元軍の被害は大きなものとなりました。

文永の役は神風で勝った説とは

よく目にする、元軍が夜に船に戻ったところに神風で大逆転、といったシナリオはやや信憑性が薄いようです。

筆者は戦争に出たことはないのでわからないのですが、戦争における上陸作戦はかなりの被害を覚悟することのようです。つまり、一度上陸作戦に成功しているのにわざわざ船に戻る理由がない、といった理屈が成り立つようです。

元軍の司令官が負傷し、撤退しようとした所でタイミングよく強風で一掃した、という説が有力なようですね。この強風を神風というのであれば、確かにそうかもしれません。

元はまだまだ日本を諦めない

司令官の負傷と強風が重なり大きな被害を出した元でしたが、まだ日本を諦めていませんでした。日本に対して属を要求する使者が、ここでも数度送られています。

元はこの頃、まだ南宋との戦いが続いていたため、先に南宋を片付けることにします。そして2年をかけて南宋を滅ぼし、再度日本を侵攻する準備を整えます。

そして準備万端となった元軍は、再び日本侵攻に向けて出発します。

弘安の役

この時の元軍は、世界史上例を見ない程の艦隊を編成していたようです。しかも乗船している兵は歴戦の精鋭となっており、元は全力で日本を攻めに来ていました。

対する日本も文永の役を経て経験を積んでおり、今回は石を積んで作った防塁や、元軍が上陸しにくいよう杭を海岸に埋めたりと、こちらも準備は整っていました。

元寇松原地区防塁石碑
元寇松原地区防塁

いざ戦闘が始まると、陸と海両方で激しい戦闘が行われています。準備していた防衛設備が功を奏したのか、元軍の上陸をなかなか許さない展開でした。

一度は取られた壱岐の島を奪還するなど幕府軍も大いに活躍し、艦隊同士による海戦まで行われています。そして季節が夏の終りに差し掛かった頃に台風が襲来し、海上にいた元軍はまたもや壊滅的な被害を受けることになりました。

3ヶ月近くも元軍は上陸に手間取り海上にいたため、台風シーズンに入って台風が来るのはある意味必然と言えます。とは言えあまりにタイミングの良い台風に、日本では「神風」の噂が流れたようです。

元寇後の元と鎌倉幕府

それでも日本を諦めない元でしたが

その後も元は、日本に対して従属要求の使者を送り続けました。フビライ・ハンは日本を諦める気はなかったようで、3回目の進行計画も準備されていたようです。

ですがそのうちに元の中で内乱が起こり、日本侵攻どころではなくなりました。そして内乱が収まり、ようやく日本侵攻の準備を整えようとした頃に、フビライ・ハンが病気で死去します。

そして元皇帝の跡を継いだテムルは日本侵攻を望んでおらず、これ以後に日本侵攻は計画されなくなったようです。

元寇後の幕府

文永の役、公安の役でも御家人達の活躍と、タイミングの良い強風で元寇をしのいだ幕府でしたが、実はその後もかなり苦しい状況が続きました。

幕府成立時も平氏を倒して領地を奪い、奥州藤原氏を倒した時も領地を奪い、承久の乱でも領地を奪うことに成功した幕府でしたが、元寇は日本にとってあくまで防衛戦であるため、報奨として渡せる土地を今回は奪えていないことが大きな問題となります。

武士道なんてない

武士道という考え方は江戸時代になってできています。鎌倉時代の武士には主君のために身を投げ打つような考えはまったくなく、根本的には利害関係でのみ結びついています。幕府が関係する戦争に参加することで幕府から領地をもらうという、中世頃には世界の多くの国で採用されていた封建制度で成り立っている関係です。

御家人達は幕府の命令で体を張って元と戦ったのですが、何の報奨も得られないことで幕府に対する不満を溜め込むことになります。また、幕府は元が再度攻めてきた時のために九州に御家人を置き続けました。基本的に戦争にかかる費用は自費で賄うことになるため、御家人達は経済的に困窮し、多くの御家人が借金で苦しむことになります。

こうして御家人が弱り不満を溜め込んだことで幕府の力が弱まり、滅亡への道をじわじわと歩み始めることになります。

元寇はやはり幕府にとってはただの厄災だったのかもしれませんね。

まとめ

今回は元寇についてのご説明をしました。

次回は元寇によって力が衰えた幕府が、ついに終わりを迎えることになります。ぜひご覧になってください。

次の記事

前の記事

コメント