公家とは朝廷に仕える上級貴族

平安時代の公家 用語集

公家とは

朝廷に仕え、天皇の御所に出仕していた上級貴族を総称する単語です。公家(くげ)という平安貴族感のあるこの言葉は、意外にも主に鎌倉時代以降に使われ始めています。源氏や平氏、そして藤原氏といった元貴族の武士たちが「武家」と自称したため、この武家という言葉に対比する形で「公家」という言葉が用いられています。この単語ではあくまで「家」を指しており、「人」を指す場合には「公卿」という言葉が用いられます。

朝廷

公卿とは

なんとなく同じ言葉なのかと思ってしまう「公卿」は、朝廷内で三位以上の地位を持つ人物を指す単語となっています。人を指す場合が「公卿」となり、公卿になることができる「家」を指す言葉が「公家」となります。

律令制による官職は一位から八位まで位階が定められており、「正・従」の区別、四位以下にはさらに「上・下」で序列づけされています。天皇のいる御殿に昇殿できるのは公卿だけとされているため、天皇と直接話ができる身分を持つ人物を指し、直接昇殿できるという意味を込めて「殿上人」とも呼ばれます。

公家のみが公卿に

平安時代の末期に差し掛かった頃、藤原道長を始めとする藤原北家が朝廷内で猛威を振るっています。藤原北家は摂政や関白といった天皇の権限を代行できる臨時職、また太政大臣といった上位の常設職をほぼ独占していました。こういった独占状態をさらに強化するため、藤原北家は公卿になるための「家格」を設定し、大きな功績を挙げた人物が急に公卿に昇進するといったケースを予防しました。公家とはこの公卿になるための「家格」を持つ家を指しています。

鎌倉期というバランスの取れた時代

藤原俊成の銅像
平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿・藤原俊成の銅像

鎌倉時代には主に軍事を担当する幕府と、政務外交を担当する朝廷という図式になっていました。支配地域も幕府が主に東日本、そして朝廷が主に西日本を統治しており、意外とバランスが取れた状態が出来上がっています。

ですが承久の乱が起きたことで幕府統治が西日本にまで及び、地頭として武士が任命されると、朝廷や公家たちが持つ土地が少しずつ取られるというケースが見られ始めます。大体の場合は取られたら取られっぱなしになるため、貴族達の中には自身の土地を管理するために自ら赴き、土着して武士化してしまった例もあります。また貴族たちの中には朝廷に仕えつつも、幕府の家来として活動する者もいました。武士中心の世の中になったことで、公家たちも生き残りを賭けて色々な身の振り方で戦い抜いています。

江戸時代には幕府によって管理される

徳川家康が大坂の陣で豊臣家を滅亡させると、日本中の武家が守るべきルールとして「武家諸法度」が制定されています。内容が作られ始めたのはもっと前だったものと思われますが、豊臣家を滅亡させて完全に日本を統治下に置けたからでしょうか、大阪の陣が終わって4ヶ月後というタイミングで発布されています。そして徳川家康の支配は武家だけでなく朝廷にも及び、ほぼ同時期に「禁中並公家諸法度」も制定されています。

この法令では天皇が行うべき業務の指示から始まり、皇族の立ち位置や貴族の衣服についてなど、かなり事細かく決められています。本来であれば徳川将軍家も従うべき天皇家に対して、「決め事を一方的に押し付ける」というとんでもない法令がごく当たり前に罷り通っています。江戸幕府という武士による地方組織が、武家だけでなく朝廷も掌握していることがわかる出来事ですね。

英語力にもコミットします