織田信長

用語集

子供から成人になるための通過儀礼・元服

成人として認められるための通過儀礼である「元服」は、貴族や武士といった特権階級だけでなく民衆にも普及しています。
用語集

仏教の戒律を受け入れた証・戒名

戒名とは出家し戒律を受け入れた証として与えられる名前ですが、戦国時代以降は異名のように使われた例も多くあります。
用語集

家長に家の財産と権力全てを集約させる家制度

大化の改新から始まった、家長に財産と権力を集約する「家制度」は、明治維新によって職業選択が自由になったことで意義が消失しています。
その他考察

古代・中世・近世・近代など時代区分について

古代や中世、近世や近代など、日本史だけでなく歴史全般で使用される時代区分についてご説明しています。
用語集

親鸞上人が説いた極楽浄土への道・浄土真宗

鎌倉仏教の一つとして起こった浄土真宗は、戦国時代に蓮如の登場によって発展を遂げ、本願寺顕如の代で石山合戦に敗北し織田信長の軍門に降っています。
戦国時代の人物録

織田信長に折檻状を叩きつけられた筆頭家老・佐久間信盛

織田家の筆頭家老として長年仕え、石山合戦の後に織田信長から19カ条からなる折檻状を叩きつけられ、追放された佐久間信盛についてご紹介しています。
戦国時代の人物録

良い人すぎる織田家最古参の猛将・柴田勝家のエピソード

織田信長の家臣として数多くの勝利に貢献した柴田勝家の、武人としての逸話や前田利家・お市の方との絡みなど、様々なエピソードをご紹介しています。
その他考察

敗北していった戦国大名たちの目的とは

戦国時代は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑リレーによって幕を閉じていますが、この記事では敗北していった大名の目的や負けた理由をご説明しています。
戦国時代の人物録

織田信秀・織田信長・織田信忠の3代に仕えた名脇役・河尻秀隆

織田信秀の代から織田家に仕えた河尻秀隆は、織田信長と今川義元が激突した桶狭間の戦いにも参戦し、また織田信忠軍団の副官として甲州征伐にも参戦しています。
その他考察

石高制に移行するキッカケとなった豊臣秀吉の太閤検地

戦国時代では土地の価値を貫高制で表していましたが、豊臣秀吉は圧倒的な武力を背景に太閤検地を強行し、江戸時代まで続く石高制へと移行しています。