源頼朝

鎌倉時代の人物録

もしかしたら源頼朝のお兄ちゃん・八田知家

八田知家は保元の乱を経験した、鎌倉殿の13人の中でも北条時政に次ぐ古参の御家人です。この人物には平治の乱で敗死した源義朝の落胤説がありますが、この説を裏付ける資料は残念ながら残されていません。八田家は小田家と名を変え戦国時代まで続きますが、小田氏治と子供達の代で系統が絶えています。
鎌倉時代の人物録

御家人達の間で翻弄され続けた2代目鎌倉殿・源頼家

源頼朝と北条政子の間に生まれた長男・源頼家は、周囲の祝福を受けながら武家の棟梁となるべくして生まれています。ですが将軍就任後には不手際によって独裁権を取り上げられ、十三人の合議制が解体した後には比企能員の変で息子を失い、自身も伊豆の修善寺で北条時政の刺客により暗殺されています。
用語集

乳母とは実母の代わりに授乳・子育てをする役割の女性

神話の時代から登場している乳母という役割は、粉ミルクやベビーフードのない時代では、より確実に子供を育てるために有効な手段とされていました。武士の時代では乳兄弟という関係で家臣になった例も多く、鎌倉期では源頼朝と比企能員、戦国期では織田信長と池田恒興などが挙げられます。
鎌倉時代の人物録

大江広元の忠実な部下・三善康信

三善康信は大江広元や中原親能と同様に、源頼朝との縁により京都の朝廷に仕える下級貴族から武士の世界に飛び込んでいます。頼朝の死後には十三人の合議制の一員にもなっており、北条氏による他氏排斥に巻き込まれること無く、承久の乱が終わってすぐに静かに亡くなっています。
鎌倉時代の人物録

梶原景時は因果応報の果てに散る

源頼朝の命を救った梶原景時は、武士としての能力だけでなく持ち前の落ち着きや教養で頼朝の信頼を勝ち取っています。源平合戦の作戦を巡って確執のあった源義経の排除には成功していますが、源頼家が将軍職を継ぐと十三人の合議制が発足、鎌倉殿の13人となった直後に梶原景時の変で討ち取られています。
鎌倉時代の人物録

日本を駆け巡る源頼朝の幼馴染・中原親能

子供の頃に源頼朝と共に過ごした時期を持つ中原親能は、平氏に追われて鎌倉へ落ち延び、平氏打倒の挙兵をした頼朝と合流しています。各地での軍功だけでなく朝廷との交渉役をも務め続けた親能は、弟・大江広元と共に鎌倉幕府の中心人物となり、「鎌倉殿の13人」にも名を連ねています。
鎌倉時代の人物録

武士の世を形作った男・大江広元

朝廷における下級役人の家柄・中原氏として生まれた大江広元は、兄である中原親能と源頼朝の友人関係により御家人になっています。国地頭の任命権を得るという進言など多方面で活躍しており、源頼家の将軍就任後には鎌倉殿の13人にも含まれ、北条義時らと協調しながら幕政をリードし続けています。
鎌倉時代の人物録

源頼朝を支え続けた忠臣・比企能員

源頼朝が伊豆国への流罪を受けた後にも比企能員は献身的に仕え、親族のような親しい間柄で支援をし続けました。頼朝の死後には2代目の将軍・源頼家をサポートするため、鎌倉殿の13人の一人として合議に加わっています。ですが頼家の危篤の際に北条時政と対立、乱が起き一族もろとも滅亡しています。
用語集

源氏とは皇族の子孫に与えられた氏姓

源姓は増えすぎた皇族を減らすために、平安時代中期の嵯峨天皇や清和天皇の子孫達に対して与えられた事例が初出となります。朝廷内での出世争いに敗れた多くの源氏は地方へと落ち延びて土着、武士化した後には鎌倉幕府を樹立した源頼朝などを輩出し、武家の棟梁という地位を確立しています。
用語集

武士とは「武家」の構成員です

平安時代の中期頃の日本に現れた、主に軍事行動を行う「武家」に所属していた一定身分以上の人々を指します。あくまで「武家」の構成員を指して使われるため、戦闘行為を一切行わない、または戦うつもりすらない人も数多く存在していました。時代によってどこまでが武士とされるかは変化していますが、江戸時代に入ると「士族」として明確に身分分けされています。