比企能員

鎌倉時代

源頼朝の意志を継ぐ者・北条義時

源頼朝の挙兵から従った北条義時は、平氏打倒に貢献しています。数々の政争をくぐり抜けた後、総指揮官として承久の乱を勝利に導いています。
鎌倉時代

平治の乱からの家人・足立遠元

足立氏という藤原北家から分かれた豪族の家に生まれた足立遠元は、源義朝と平清盛が戦った平治の乱にも参戦しています。源頼朝の死後には十三人の合議制に名を連ねていますが、この合議制は梶原景時の変や安達盛長の病死によって1年と保たず解体しています。
鎌倉時代

源頼朝の創業に尽くし北条義時の前に散った男・和田義盛

和田義盛は源頼朝が安房国に逃亡した頃に、三浦義澄と共に御家人となっています。侍所の別当職を巡って梶原景時と一悶着、そして畠山重忠とも遺恨のあった義盛は、北条時政の他氏排斥に乗じて恨みを晴らしますが、父を追放した北条義時によって討伐されています。
鎌倉時代

1代で全てを手に入れ失った初代執権・北条時政

源頼朝と娘の北条政子の婚姻を許した北条時政は、協力者として挙兵を後押ししています。源頼家の将軍就任後には十三人の合議制のメンバー入りを果たし、梶原景時や比企能員といった政敵を排除、そして源実朝の代には初代執権に就任しますが、実朝暗殺未遂で北条義時によって鎌倉から追放されています。
用語集

鎌倉殿の独裁を阻止せよ!十三人の合議制

源頼朝の時代は当然のように将軍による独裁政治が行われていましたが、御家人達にとって不満の種ともなっていました。そして2代将軍に源頼家が就任した後も続いたため、北条時政など幕府の宿老達は頼家の独裁を阻止するため、また若い将軍を補佐するために十三人の合議制を発足しています。
鎌倉時代

安達盛長が源頼朝と北条政子を縁結び?

安達盛長は源頼朝の流人時代から従者として仕えた最古参の御家人の1人です。「曽我物語」では頼朝と北条政子の間を取り持った人物とされていますが、そんな話が出る程頼朝と親密だったのでしょう。鎌倉殿の13人に加わってはいますが、一年後に盛長が亡くなってすぐに十三人の合議制は解体しています。
鎌倉時代

御家人達の間で翻弄され続けた2代目鎌倉殿・源頼家

源頼朝と北条政子の間に生まれた長男・源頼家は、周囲の祝福を受けながら武家の棟梁となるべくして生まれています。ですが将軍就任後には不手際によって独裁権を取り上げられ、十三人の合議制が解体した後には比企能員の変で息子を失い、自身も伊豆の修善寺で北条時政の刺客により暗殺されています。
用語集

乳母とは実母の代わりに授乳・子育てをする役割の女性

神話の時代から登場している乳母という役割は、粉ミルクやベビーフードのない時代では、より確実に子供を育てるために有効な手段とされていました。武士の時代では乳兄弟という関係で家臣になった例も多く、鎌倉期では源頼朝と比企能員、戦国期では織田信長と池田恒興などが挙げられます。
鎌倉時代

大江広元の忠実な部下・三善康信

三善康信は大江広元や中原親能と同様に、源頼朝との縁により京都の朝廷に仕える下級貴族から武士の世界に飛び込んでいます。頼朝の死後には十三人の合議制の一員にもなっており、北条氏による他氏排斥に巻き込まれること無く、承久の乱が終わってすぐに静かに亡くなっています。
鎌倉時代

源頼朝を支え続けた忠臣・比企能員

源頼朝が伊豆国への流罪を受けた後にも比企能員は献身的に仕え、親族のような親しい間柄で支援をし続けました。頼朝の死後には2代目の将軍・源頼家をサポートするため、鎌倉殿の13人の一人として合議に加わっています。ですが頼家の危篤の際に北条時政と対立、乱が起き一族もろとも滅亡しています。