三浦義澄

鎌倉時代の人物録

梶原景時の変から3日後に亡くなった宿老・三浦義澄

三浦義澄は和田義盛とともに鎌倉殿の13人に選ばれていますが、北条時政による他氏排斥の諸端・梶原景時の変から3日後に病死しています。
用語集

平氏とは主に桓武天皇の孫を起源とする皇室由来の氏族です

蝦夷征討に莫大な予算を割いたことにより国家財政が逼迫したため、桓武天皇の孫の代から「平姓」を与えられる臣籍降下が始まっています。各地で根付いて武士団を形成した平氏も非常に多く、その中から平清盛や北条時政といった国政を左右する大物も現れています。
鎌倉時代の人物録

源頼朝の創業に尽くし北条義時の前に散った男・和田義盛

和田義盛は源頼朝が安房国に逃亡した頃に、三浦義澄と共に御家人となっています。侍所の別当職を巡って梶原景時と一悶着、そして畠山重忠とも遺恨のあった義盛は、北条時政の他氏排斥に乗じて恨みを晴らしますが、父を追放した北条義時によって討伐されています。
用語集

鎌倉殿の独裁を阻止せよ!十三人の合議制

源頼朝の時代は当然のように将軍による独裁政治が行われていましたが、御家人達にとって不満の種ともなっていました。そして2代将軍に源頼家が就任した後も続いたため、北条時政など幕府の宿老達は頼家の独裁を阻止するため、また若い将軍を補佐するために十三人の合議制を発足しています。