戦国時代 織田信長の妹・お市の方 | 戦乱に翻弄された浅井三姉妹の母

お市の方イラスト 戦国時代

今回の記事では、織田信長の妹・お市の方についてご説明したいと思います。

お市の方は戦国時代の女性としてはかなりメジャーな方ではありますが、当時は女性についての記録自体がほぼなく、お市の方個人の記録もやはりほとんど残っていません。そのため織田信長や浅井長政といった人物と関連させながら、できるだけお市の方にクローズアップしてお伝えしたいと思います。

信長の妹・市

同盟強化のための婚姻

織田信長は浅井長政と同盟を組むにあたり、より強力な同盟関係を求めていました。信長が軍を連れて最短ルートで京都に上洛するためには、どうしても琵琶湖の南側を通過する必要があります。ですが琵琶湖の南に位置する南近江の地は三好三人衆に味方していた六角義賢が統治していたため、信長が京都へ行くためには六角との戦いに勝利することは必須条件となります。その時に北近江を統治していた浅井長政が敵に回るか味方につくかは、信長にとって非常に大きな問題となっていました。

実は浅井家は元々六角氏と縁が深く、織田家との同盟の話が出てくる前には六角氏の女性を妻として迎える段取りが整っていました。ですが成長著しい信長から同盟の話を受け、浅井長政は六角氏との友好関係を捨てて織田家との友好を選びます。

そのため浅井長政から同盟受諾の返答を受けた信長は大喜びで妹の市を浅井長政の正妻として送り出し、本来は夫の側が出すはずの婚姻に掛かる費用を全て負担しています。浅井長政も美男との評判がある程のイケメンだったため、きっとお市の方の兄としても嬉しい気持ちがあったのでしょう。

夫・浅井長政の死

後に浅井長政が織田家から離反し、朝倉家とともに織田家との交戦状態に入ります。この時浅井家の軍議では、お市の方と子供たちを処刑して織田家の勢いを削ぐ、という意見が多数を占めていたといいます。ですが浅井長政はこの意見を退け、これまで通りお市の方との夫婦生活を続けています。

浅井長政は織田信長から離反し滅ぼされましたが、浅井長政と市の間には2人の女児、そして3人目の娘を宿していました。信長は浅井長政の男児は戦国の習いとして処刑しましたが、市と自身の姪となる女児達は処刑せずに岐阜城へ連れ戻っています。その後信長は弟にお市の方と3人の娘を預け、かなり贅沢三昧の手厚い待遇で保護しています。

浅井長政婦人・お市の方肖像
浅井長政婦人・お市の方肖像

柴田勝家との再婚

織田信長の弟の下で10年近く静かに過ごしていたお市の方と娘達でしたが、1582年に本能寺の変で信長が横死するとお市の方にも転機が訪れます。

落合芳幾:太平記英雄伝十三 柴田勝家
落合芳幾:太平記英雄伝十三 柴田修理亮勝家

豊臣秀吉が本能寺の変の首謀者・明智光秀を討ち取った後、尾張国・清州城に織田家の重臣が集まり今後の方針について会議が行われました。この「清須会議」でお市の方にも言及があり、豊臣秀吉や他の重臣達の同意を得て、織田家筆頭家老の柴田勝家がお市の方を正妻として迎えることが決定しました。お市の方は織田家の中で有名になる程の美人だったようで、家臣達のアイドルのような存在となっていました。女好きで有名な豊臣秀吉を始めとして誰もが狙っていたのでしょうが、これまで結婚をしたことがなかった柴田勝家が希望を通して正妻として迎えることになります。

清州会議についてはこちらからどうぞ。

柴田勝家と共に自害

再婚が決まったお市の方は3人の娘とともに柴田勝家の領土である越前で新生活を始めますが、半年もたたぬ間に豊臣秀吉との戦争が始まります。柴田勝家は前田利家や滝川一益と組んで抗戦を試みますが、賤ヶ岳の戦いで敗北するとそれまで味方についていた前田利家が離反してしまいます。

そして居城である北ノ庄城が孤立無援のまま豊臣軍に包囲されてしまい、敗北が決定的となりました。自身の死を覚悟した柴田勝家はお市の方の3人の娘を助けるよう頼み込み、秀吉はこの願いを聞き入れています。秀吉からはお市の方の保護も提案したのですが、「夫と2度も死に別れるのは嫌だから」という理由で秀吉の提案を拒否し、そして勝家と2人で自害します。

お市の方の3人の娘

北ノ庄城の落城後には3姉妹は秀吉の保護を受けて成長し、美形で名高かったお市の方の面影を持った美人へと成長します。この3姉妹は生まれてすぐに父が死に、次いで継父と実の母を失うという過酷なスタートを切りますが、成長した後にもそれぞれ数奇な運命を辿っていくことになります。

長女の茶々は母と死に別れて数年後に豊臣秀吉の側室となり、豊臣家の後継者となる秀頼を出産します。次女の初は江戸時代に若狭国小浜藩の藩主となる京極高次を産むことになり、そして3女の江は江戸幕府3代将軍・徳川家光を通して将軍家に血筋を残し、そして天皇家にまで血筋を残すことになります。この3人の娘達に関しては、またそれぞれ別記事で掘り下げてご説明したいと思います。

長女・茶々についての記事はこちらからどうぞ。

末っ子・江与(崇源院)についての記事はこちらからどうぞ。

おいしく食べて美容と健康に!サブスク【CUCKOO ツインプレッシャーIH】

コメント