戦国時代 火縄銃の日本伝来と普及 | 2挺から世界一の鉄砲大国に

火縄銃武者 戦国時代

今回の記事では、日本の戦国時代に全国的に使われた鉄砲についてのご説明をいたします。

ポルトガル人の種子島漂着

1543年、とある2人のポルトガル人と明国の僧が漂流の末に、薩摩国(現在の鹿児島県西部)の種子島に流れ着きました。時の種子島の領主・種子島時尭は漂着した人達を迎えながら、その男たちが持つ2本の鉄の棒に目をつけます。種子島時尭は明国の僧との筆談を通して鉄の棒のことを聞くと、ポルトガル人達はゆっくりと鉄の棒を持って構え、引き金を引くと轟音とともに目の前の的が砕け散ります。あまりの威力と音にビックリした種子島時尭でしたが、この鉄の棒の軍事的価値に気付き、大金をはたいて2本とも買い上げました。といった話が「鉄炮記」という資料の中に記されています。

種子島の位置

種子島時尭はその後鉄砲の生産に取り組み始め、数年を掛けてある程度の数量を複製することに成功します。そして当時の薩摩国国主・島津貴久に届けられた鉄砲は、1549年の加治木城攻めで初の実戦投入を迎えることになります。まだ鉄砲や火縄銃という言葉すらなかった当時の日本人にとって、轟音と共に鉛の弾を飛ばす鉄砲という武器は、間違いなく大きな衝撃と脅威を与えたことでしょう。

ちなみに日本初の国産火縄銃には生産された島の名前がそのまんま付けられ、「種子島」という名称でも呼ばれます。

火縄銃の全国的な普及

島津家の活躍とともに鉄砲の威力が噂で広まっていくと、軍事的な価値や商品的な価値に目をつけた人々が種子島にはるばるやって来るようになります。和泉国・堺の刀鍛冶や紀伊国(現在の和歌山県)の僧などが種子島を訪れ、火縄銃を買い求めながら製造方法を学び、自国に知識を持ち帰ります。

持ち帰られた知識と現物の火縄銃を頼りに各地で生産が始まり、商品化された火縄銃は高額で取引されるようになります。売却した利益で鉄砲の生産地は益々栄えることになり、紀伊国の根来、近江の国友や日野、そして和泉国の堺では大規模な鉄砲生産が行われるようになります。

近江や和泉といった地域は割りと早い段階で織田信長が領有していたため、信長の快進撃の影には鉄砲の生産地を早めに押さえたことが関係していたのかもしれません。数自体を揃えやすいことだけでなく、鉄砲という新兵器の運用方法や弱点について、他の勢力より先に知ることができたことは大きなアドバンテージとなったでしょう。

鉄砲の導入による戦術の変化

鉄砲という武器が普及しお金さえあれば数量を揃えることができるようになると、戦場では鉄砲を集団で運用する戦術が採られるようになります。

全国に出回った当初は非常に希少だったため一部の将官クラスだけが鉄砲を持ち、ここぞという場面で撃つ、という単発の運用方法が採られていました。それが段々と鉄砲の数が揃っていくにつれ各武将に少人数の鉄砲部隊が配備されるようになり、少人数ではありますが集団での運用が始まります。そして数々の試行の末に戦場では鉄砲は集団運用した方が効果が高いことがわかっていくと、段々と鉄砲部隊の規模が大きくなっていきます。

1575年に織田・徳川連合軍と武田勝頼の間で起きた長篠の戦いでは、織田信長は3,000挺もの鉄砲を用意して臨んでいます。機動力のある騎馬部隊の比率が高い武田軍が相手とあって気合を入れて用意したのでしょうが、当時の日本国内では間違いなく最大の鉄砲保有勢力だったでしょう。結果的に織田軍は武田軍に勝利するのですが、3,000挺の鉄砲が戦場に与えた影響は非常に大きかったものと思われます。

織田信長・徳川家康連合軍 VS 武田勝頼が激突した長篠の戦いについてはこちらからどうぞ。

軍事力=経済力

槍や刀といった習熟が必要な武器とは違い、発射の手順さえ覚えれば誰でも高い攻撃力を発揮できる鉄砲は、品物さえあればお手軽に強力な兵を作ることができます。そのため鉄砲を買うための経済力がそのまま軍事力に直結することになり、大きな勢力は広大な領土から吸い上げられるお金を背景に、より大きな経済力と軍事力を持つ勢力へと成長していくことになります。この完全な資本主義の流れにタイミング良く乗れた人物こそが、織田信長だったとも言えるでしょう。

信長は日本有数の交易都市であり鉄砲の生産地でもある和泉国の堺を支配下に置いていたため、資金調達と鉄砲の供給量について他の勢力よりも一歩も二歩もリードし続けていました。お金の成る木と当時の最強武器の産地を押さえているのですから、そりゃ強くて当然という気もします。

交易都市・堺については、また別記事で掘り下げてご紹介したいと思います。

世界最大の火縄銃保有国 日本

豊臣秀吉が朝鮮出兵に向かう頃には、日本国内には50万挺もの鉄砲があったそうです。たった2挺だった鉄砲が50年後に25万倍もの数になっているとは、最初に売ったポルトガル人も夢にも思わなかったでしょう。

ちなみにこの50万挺という鉄砲の数は、当時の世界中の国々の中で最も多かったようです。今も昔もお手軽で便利な道具に対する日本人の執着心は、凄まじいものがありますね。火薬帝国なんてもの凄い二つ名がつくような、中東のオスマン帝国よりも保有していたとはちょっと驚きです。

火縄銃時代の終わり

戦国時代の間は延々と生産され続けていた火縄銃ですが、関ケ原の戦い以降には江戸幕府の統制により生産量は減少していきます。江戸幕府体制の中では火縄銃は規制の対象となり、また平和な時代が続いたため銃器が活躍する機会もパッタリとなくなります。

そして戊辰戦争では主役が西洋式の銃に移り、火縄銃を抱えて戦った幕府軍は後退の一途を辿り、そして敗北します。実際に火縄銃が活躍したと言えるのは、せいぜい50年くらいの期間だけです。戦国時代という最大の見せ場に伝来した火縄銃は、戦国時代が終わった時にはもう役目を終えていたのかもしれませんね。

「鉄砲」という名前の由来

火縄銃の伝来までは日本には当然鉄砲などという単語もなかったため、上の見出しでもご紹介しているように鉄砲は「種子島」という名称で呼ばれていました。ですが「種子島」が普及していくにつれ様々な呼び方で呼ばれるようになり、その中の一つが「鉄砲」という言葉になります。

「鉄砲」という単語は、元寇の折に元軍が使用した「てつはう」という武器が語源となっているようです。「てつはう」も火薬を使った武器だったため、似たようなイメージで使われていたのかもしれませんね。

蒙古襲来絵巻
蒙古襲来絵巻

元寇についての記事はこちらからどうぞ。

ちなみに世界で最初に鉄砲が発明されたのは、元軍によって南へ押し込まれることになった宋の国です。これはもしかしたらですが、元は宋を追い詰めていく過程で火薬技術も手に入れていたのかもしれません。12世紀に発明された銃がシルクロードを通ってヨーロッパに伝わり、そして16世紀にユーラシア大陸の西端にあるポルトガルから東端にある日本に伝わるという、なんとも不思議な伝来ルートとなっています。

ポルトガル人が自国から遠く離れた日本近海をうろついていたことは、ヨーロッパの大航海時代が原因となっています。ここの部分については、また改めて別記事でご紹介したいと思います。

コメント