いつだってギリギリ!徳川家康の三大危機

徳川家康の三大危機 戦国時代
徳川家康の三大危機

度々ピンチに遭遇する徳川家康

徳川家康は江戸幕府の創始者として有名な人物ですが、実は幾度となく死にそうな状況に陥っています。幾度とないピンチを乗り越え最終的には関ケ原の戦いに勝利し、250年もの間続く江戸幕府を作り上げていますが、実は家康に順風満帆と言える時期はほとんどありません。上手くいったかと思えば突然命の危険に晒されるアップダウンの激しさは、歴史上の人物ながら漫画や映画の主人公にも負けていないでしょう。

頻繁に危機を迎える家康の特に危なかった事件を指して、「徳川家康の三大危機」という嫌なまとめワードが存在しています。味方が大勢離反した「三河一向一揆」、武田信玄にボロボロにされた「三方ヶ原の戦い」、本能寺の変後の逃避行「伊賀越え」の3つの事件をひとつずつご紹介したいと思います。

徳川家康が切り抜けた三大危機

味方が敵に?三河一向一揆

一向宗の大寺院が多い西三河

桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にすると、松平家康(後に徳川に改姓)は今川家との同盟関係を打ち切り、織田信長と新たに同盟を結んでいます。同盟相手も変えて心機一転、本拠である三河国をまとめ上げ、さあこれからといったタイミングで事件が発生します。

三河国の西側・西三河と呼ばれる地域では一向宗を信仰する人が多く、また家康の先代・松平広忠以前に「守護使不入(しゅごしふにゅう)」の権利を得ている寺院が多くありました。この権利は大名が持つ警察権が及ばないことを意味しており、犯罪者や敵対勢力の人間が逃げ込んだ場合にも手出しはできません。家康は領土内にそんな特権を持つ寺院がたくさんあることを嫌がり、特権を取り上げるよう働きかけていました。そんな家康の動きに反抗心を募らせた一向宗寺院は、大寺院ならではの多数の信者による暴力で抵抗します。

同じ三河国でも東三河と呼ばれる地域は曹洞宗の信者が多く、一揆は起きておりません。ですが一向宗門徒が非常に多かった西三河では多数の信者が一揆に加わり、一向宗の特権を守るために各地の城砦を襲撃しました。一般民衆だけなら鎮圧も容易かったのかもしれませんが、問題は家康の家臣からも一向一揆勢に参加する者が多く、ここで松平家の家臣団が真っ二つに割った内戦が勃発します。

身内との苛烈な争い

昨日までの家臣に一斉に刃を向けられる気持ちというのは、一体どのような気持ちなのでしょうか。自分の領内を歩けば木陰や民家に隠れた領民に斬りつけられるという、全ての人を疑いたくなる壮絶な修羅場だったでしょう。家康にとっては幸か不幸かわかりませんが、中には一族間で家康側と一向宗側に分かれた家もあり、本当の意味での身内同士の争いが展開されています。

半年程一向一揆勢と松平家側は戦い続け、なんとか家康が優位に立ったところで和睦が成立しています。一揆が落ち着き解体したところを見計らい、家康はおもむろに武力を行使して一向宗を弾圧、その後三河国内に一向宗の教団員は立ち入らせないという厳しい処分をとっています。

一向宗の教団幹部は追放し、また領民はまあ仕方ないとして、家康にとって問題は一向一揆側についた家臣たちの処遇でした。自分自身に刃を向けた家臣たちを、今後も味方として頼りにしていいのか悩んだことでしょう。結局家康はこの一向一揆で敵にまわった家臣たちを全て許し、もう一度家臣として迎えています。味方についた家臣の中には裏切り者を許すなという声も当然あったことと思いますが、ほぼ全ての家臣たちを許した結果、その後他国から「犬のように忠実」とまで言われる程の三河武士の結束が生まれています。

武田信玄にボロ負け・三方ヶ原の戦い

足利義昭の上洛要請を受けた武田信玄は、京都を目指して行軍を始めています。武田信玄は険しい美濃国方面の道を避けて道が広い東海道を選択したため、東海道筋を縄張りとしていた徳川家康は浜松城での籠城を選択、ここで織田信長からの援軍を待つ作戦に出ました。ところが家康が浜松城から出てこないことを知った武田信玄は、敢えて浜松城を攻撃せずに無視し、京都への行軍を続行します。家康は武田信玄の行く手を阻むため、そして自身が無視されたことに強い怒りを感じ、武田軍に背後からの奇襲攻撃に向かいました。ところが家康が遠江国(静岡県西部)の三方ヶ原という地域に差し掛かった武田信玄を強襲すると、台地状になっている地形の上で武田軍はガッチリと待ち伏せしており、徳川軍は数時間のうちに大惨敗を喫しています。

ほうほうの体で浜松城に逃げ帰った家康は、武田軍が追って来ていることを確認すると浜松城の門を全開、さらに篝火を大量に焚き始めました。ここで家康に止めを刺そうと追撃してきた武田四天王の一人・山県昌景は、篝火が焚かれているにも関わらず門が開いていることで罠の可能性を感じ、無理な攻撃をせず撤退してしまいます。この時家康は一切の防備がなく、むしろ門を開けて歓迎している状態だったため、山県昌景が普通に攻撃するだけで捕虜か首にされていたことでしょう。家康にとってみれば山県昌景の深すぎる読みに感謝といったところでしょうが、この三方ヶ原の戦いから浜松城での奇跡的防衛劇は、徳川家康の三大危機の一つに数えられています。

三方ヶ原の戦いについてはこちらからどうぞ。

山越え谷越え逃避行・伊賀越え

本能寺の変の余波

織田信長が本能寺の変で倒れたことが知れ渡ると、京都近隣の治安が急激に悪化し、少勢力や土豪達の中には野党化する者も現れています。変事が起きた時の徳川家康はちょうど堺見物から京都へ戻っている最中だったのですが、もし明智光秀の謀反が一日遅かったとすれば当然巻き添えを食っていたでしょう。今回の家康はタッチの差で難を逃れたかと思いきや、苦難の道のりはまだ始まってすらおりません。

本能寺の変についてはこちらからどうぞ。

本能寺の変前の京都辺りはすでに織田信長によって治安整備されており、外敵の心配がないため家康は本多忠勝や井伊直政など重臣約50名だけを引き連れていました。そして織田信長が横死を遂げたことで周囲の治安が急激に悪化、道端を歩いている人が突然襲ってきてもおかしくない危険な状況に陥っています。事実、家康と同行していた穴山信君という人物は、「家康の近くにいたら危険かも」ということで距離をとって行動していたところ、むしろ落ち武者狩りの手に掛かり敢え無く討ち取られています。そんな四面楚歌とも言える状況の中で、先の見通しが立たなくなり絶望する家康と、なんとか家康を本国まで連れ帰ろうとする家臣団の逃避行が始まります。

駄々っ子家康と伊賀越え

伊賀越えのルート
伊賀越えのルート(手書きですいません)

徳川家の重臣達による議論の結果、帰還ルートは伊賀国(三重県西部)を越えて伊勢国(三重県東部)から海路にて本国・三河国、という地図で見てもかなり過酷な道が決定されています。ですが現代の国道1号線にあたる東海道というメイン街道は当然人目に付くため、落ち武者狩りの襲撃を避けるためには妥当な選択だったように思われます。ですが現代でも多くの自然が残る三重県の西部地域を、堺見物の帰りという軽装備、しかも襲撃に備えようにも兵は0という状況で、何事もなく乗り越えるというのはかなり難易度が高かったでしょう。

徳川家康は織田信長の横死という異変に加え、敵のど真ん中にいるという悲惨な状況に絶望し、伊賀越えの最中もたびたび自害したいと重臣たちに伝えたそうです。谷があれば橋を渡し、落ち武者狩りが現れれば返り討ちにするという過酷な作業に加え、主君がたびたび自害したいと言い出すのを何度も説得するという、重臣達にとっては厄介すぎる道のりだったでしょう。幸いにも地元住民の中にも逃避行を援助してくれる人もおり、家康一行は数日の後に伊勢国の海側へ到達、被害は怪我人数名というだけで無事に海路で三河国へ帰還を果たしています。