お寺が役所の代わりです | 江戸時代の民衆統治政策・寺請制度

寺のシルエットイラスト 江戸時代

強制的に仏教信仰を義務付けた乱暴な制度

現代の日本では人々の信仰の自由が認められていますが、江戸時代の頃はまったくそんなことはありません。江戸幕府はキリスト教といった外来の宗教をガチガチに取り締まり、仏教・神道以外の宗教は一切認めない方針を採っていました。中でも仏教は総本山といった言葉からもわかるように、ある程度組織化され管理しやすいということで、幕府が民衆管理をするための出先機関として活用されています。

幕府は日本中の人々に近隣の寺への入信を強要し、「宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう」で信徒をリスト化、これを徴税や民衆管理のための戸籍として使用していました。つまりお寺を現代で言うところの役所にした訳ですが、問題は「信徒にならない」ことが事実上不可能だったことです。

もし拒否した場合には家族ぐるみで「非人」というかなり悲惨な身分に落とされ、また地域の共同体からも相手にされなくなる「村八分」が待っているため、相当な覚悟がなければ拒否できる訳もありません。仏教宗派には様々な宗派がありますが、それぞれ信じていた特定の宗派があった場合にも、強制的に地域で用意された手近なお寺に入信させられたようです。この幕府によるお寺を通じた管理体制は「寺請制度(てらうけ)」、あるいは「檀家制度(だんか)」と呼ばれ、現代日本にもガッツリと根ざし慣習化していたりします。

この記事では寺院や僧侶、または仏教的な習慣に対して若干批判的な内容を含んでいます。あくまで歴史的な事実としてご紹介しておりますが、不愉快な点などありましたらコメントにてご連絡ください。出来る限り善処いたします。

こだわりのどらやきをお届けします【洛心館-京都どらやき専門店】

信仰心はいらないし腐敗まっしぐら

応仁の乱以降の戦乱によって地方の寺も多く破壊されていましたが、「寺請制度」が出来たことで急速に再建が進みました。個々のお寺は現代と同様に独立経営が基本となりますが、仏教であれば大体の場合に宗派毎にそれぞれ教団組織を持っていたため、まとまった額で費用を用意しやすいため再建もスムーズだったものと思われます。また幕府の制度で「お寺が必要」とされてしまっているため、元々お寺がない地域では住民の寄付で建築費用が賄われたケースもあったようです。

住職になるお坊さんとしても「一定数の信徒が確実に確保できる」ため、僧侶の肩書さえあれば率先して住職になれる場所を探したことでしょう。こうして信徒になった地域住民は家単位で「檀家」と呼ばれましたが、「檀家」とは本来「寺や僧侶を援助する人」を指す言葉であり、つまりお寺は「援助を受けている立場なのに信徒を除名できる強権を持つ」というとんでもなくインチキな存在になった訳です。

こうして何の努力もなく信徒が集まったお寺が次に考えることは、当然「どうやったらたくさんお金を取れるか」と言ったところでしょうか。という訳でお寺は檀家に対して様々な義務を付け加え、年に数度の付け届けという名の貢物、年忌や命日法要の強要、春秋のお彼岸のお墓参りなど、様々な名目を付けて搾取に走りました。お寺側は信徒に対して宗門人別改帳からの「除名」という切り札を持っていたため、お坊さんからの要望は常に脅迫と同じ効果を持っていたことでしょう。檀家は寺からの脅迫めいた要求を拒否することなどできず、そのためかお坊さんの乱行騒ぎやら汚職は跡を絶たなかったようです。

寺請制度が作られた目的

江戸幕府がこのとんでもない制度を250年も続けた理由としては、やはりキリスト教に代表される「邪宗門」、つまり邪悪な宗教の排除と管理しやすい仏教を使った安定した統治が主な目的でした。1,549年に伝来したキリスト教は近畿や西日本で信徒を集めていましたが、特に多かった長崎では改宗しなかった人々が奴隷として連れ去られたことすらあり、豊臣秀吉や徳川家康など時の権力者にとって取り締まりの対象となっていました。1,612年に禁教令が出されて以降は大っぴらにキリスト教徒を名乗る人はいなくなりましたが、念には念を入れて無理やり仏教の枠に押し込んだのでしょう。

初代将軍である徳川家康も割と宗教問題で苦労を重ねており、自身の本拠地で三河一向一揆という浄土真宗信者による攻撃を受けています。この一揆では徳川家家臣も多く一揆勢として家康に牙を剥いているため、宗教が持つパワーを知っていたからこそキッチリ管理したい、という意味での寺請制度なのでしょう。ちなみに一向宗こと浄土真宗という戦国時代に一大勢力を誇った宗派は、織田信長に敗れて以降は意外な程に大人しくなり、豊臣政権や江戸幕府にも割と従順な姿勢を示しています。

三河一向一揆を含む徳川家康の三大危機はこちらからどうぞ。

民衆の余裕が生まれたことで菩提寺が必要に

寺請制度は僧侶の汚職と葬式仏教化を招いた政策ではありますが、「寺」という宗教的な権威と立派な建物、そして故人を安らかに埋葬するための場所を住民が求めた側面もあります。戦乱で荒れ果てた地域が復興するにつれ、その時の家族だけでなく代々受け継ぐべき墓所を置く「菩提寺」の必要性が高まりました。それゆえに寄付金を募って寺を建てた地域もある訳で、幕府政策の一環というだけではなく檀家になった住民の需要もあったようです。

江戸時代の250年を過ぎて明治時代に差し掛かって以降も、そして現代でも「檀家」の制度が残っている地域は結構多いのではないかと思います。かく言う筆者の実家も普通に檀家になっていますし、お寺の改築なんかの話があると普通に寄付金を出していたりします。すでに葬式仏教となっていることは多くの人が理解しているでしょうし、その上でお寺を支えるために進んでお布施を払っている人もいるでしょう。これからの仏教がどのような変化をしていくのかはサッパリ見当が付きませんが、人々の先祖や家族・地域を想う気持ちは今も昔も大して変わりませんよね。檀家の経済的な負担とお寺側の管理負担がちょうどいい所で、両者が納得できる所で折り合えたらいいなと思います。

【公式】洛心館オンラインショップはこちら

twitterフォローでさらっと日本史の新着記事をチェック!

コメント