長篠の戦い

安土桃山時代のまとめ・その他記事

室町幕府滅亡から清州会議までの安土桃山時代前半まとめ記事

室町幕府が滅亡して以降、長篠の戦いや石山合戦、甲州征伐や本能寺の変、またその後の山崎の戦いや清州会議での出来事など、安土桃山時代前半のまとめです。
戦国時代の人物録

華奢な体に熱き武士の魂!千年の平和を願う軍師・竹中半兵衛

「千年鳳」という平和への想いを込めた花押を使っていた竹中半兵衛重治は、羽柴秀吉の家臣として各地を転戦する中で、黒田官兵衛の子供・黒田長政をも救っています。
安土桃山時代の人物録

表裏比興の者 真田昌幸 | 徳川家康と戦い続けた謀将

軍略家として名高い真田昌幸は、豊臣秀吉配下の石田三成に「表裏比興の者」という評価を受けています。「比興」とは他の物に例えた面白い表現を意味しますが、実は「卑怯」という意味も持っています。長篠の戦いで兄を失い急に家督を相続した真田昌幸は、徳川家との2度の上田合戦にて完璧とも言える大勝利を収めます。
安土桃山時代の時代史

安土桃山時代1 長篠の戦い | 騎馬の武田勝頼と鉄砲の織田信長

長篠の戦いは元々徳川家と武田家の間に国境間の争いがあった中で、奥平貞昌の寝返りがキッカケとなって起きています。武田勝頼は徳川家康と寝返った松平貞昌を攻撃するために徳川領に侵攻していますが、徳川家の同盟相手・織田信長が参入してきたことで一気に決戦ムードが漂います。