織田信忠

戦国時代の人物録

織田信秀・織田信長・織田信忠の3代に仕えた名脇役・河尻秀隆

織田信秀の代から織田家に仕えた河尻秀隆は、織田信長と今川義元が激突した桶狭間の戦いにも参戦し、また織田信忠軍団の副官として甲州征伐にも参戦しています。
安土桃山時代の時代史

安土桃山時代4 織田信長は天下統一を目の前にして明智光秀の前に散る | 本能寺の変

甲州征伐で宿敵・武田勝頼を滅ぼし、織田信長は天下統一へ大きく踏み出しています。信長は武田家討伐後には徳川家康を招いて祝宴をあげた後、中国地方攻略にあたっていた羽柴秀吉の救援に向かおうとしますが、京都で宿泊していたところで明智光秀が謀反、「本能寺の変」で志半ばにして倒れます。
安土桃山時代の時代史

安土桃山時代3 織田信長の甲州征伐

長篠の戦い以降の武田勝頼は、徳川家康からの攻撃を受け続け家臣団の統率すらままならない状態となっていました。そんな中で木曽義昌の寝返りを皮切りに、滝川一益や河尻秀隆を擁する織田信忠の軍団が一気に信濃国になだれ込みます。家老の小山田信茂にまで裏切られた武田勝頼は、天目山へと逃げ込み、長男・信勝とともに自害して果てることになります。
戦国時代のまとめ・その他記事

戦国時代 武田と織田の関係

武田信玄としては美濃の国主である斎藤家からの防衛のため、織田信長は美濃国を攻撃するため、織田家と武田家は双方のメリットのため身を寄せ合うように同盟を結んでいます。斎藤家を共通の敵と見なした「敵の敵は味方」という関係ですが、織田信長はその後も涙ぐましい努力で信玄との関係を維持しています。