日本三大悪人とは | 足利尊氏・平将門・道鏡が悪人とされた理由

足利尊氏のイラスト その他考察
日本三大悪人の一人とされる足利尊氏さん

三大悪人という天皇家に背いたとされる人達

今回の記事では、日本三大悪人というちょっと不名誉なリストにランクインしてしまった、道鏡・平将門・足利尊氏の3人の人物についてご紹介したいと思います。

三大悪人というネーミングと響きからは、いかにも残虐な極悪人が揃っていそうな印象を受けます。ちょっとワルいくらいの人に対して「悪人」なんて言葉を使うことはまずないため、一般人的な感覚で言いますと、「悪人」という響きからは極悪な印象すら漂います。

ですがこんなリストが作られることになった背景には、明治期以降の天皇を頂点に置いた国家体制と、特に日中戦争以降の軍国化による天皇崇拝があります。記録上では3人の人物達は全員天皇家に対してなんらかの反抗をしたとされており、そのために「悪人」というレッテルが貼られております。天皇に敵対した人物を凶悪な悪者として仕立て上げることで、民衆に「天皇に逆らうことはあり得ない程の重罪」と思わせるために、わざわざ人物と罪をリストアップしたという流れですね。当時の日本政府の御都合によってこんなリストが作られているため、明治以前までは忠臣とされていた足利尊氏が大悪人扱いされるなど、凄まじい手の平返し現象も起きていたりします。

それでは不幸にもリストアップされてしまった人物を、1人ずつ悪人とされた理由を添えてご紹介したいと思います。

皇位簒奪未遂の僧侶 道鏡

宇佐八幡宮神託事件によって自身が天皇になろうとしたとされる道鏡には、女帝である称徳天皇と男女関係を持ち言いなりにしていたという物語すらあり、まさに悪人という言葉がピッタリの人物として三大悪人の仲間入りを果たしております。現代でも道鏡というワードで検索すると、イケメン坊主や巨根伝説といったサブカルチャーな単語が多く見受けられます。

道鏡は女帝である称徳天皇(出会った頃は孝謙上皇)に気に入られることでスピード出世を果たしたため、藤原氏を始めとした由緒正しい貴族達にとってはヤッカミの対象だったと思われます。そのため様々な憶測と陰口がエスカレートしていき、結果的に道鏡に関するとんでもないエピソードが作られていったのでしょう。ですがこの手の話はやはり面白く、また普通の話より面白い話の方が当然後の時代にまで残りやすいため、道鏡の悪いイメージが雪だるま式に膨れ上がっていったものと思われます。

実際に道鏡と称徳天皇が会った時には、道鏡はすでに60歳を越えていました。奈良時代頃の平均寿命が33歳くらいだったことを考えれば、60歳という年齢はかなりの高齢者と言えます。そのため、2人はそういう関係ではなかった、のではないかと筆者は考えております。

道鏡や称徳天皇についてはこちらからどうぞ。

関東に国を作ろうとした新皇 平将門

月岡芳年が描いた平将門

10世紀中頃に関東一円を統治下に置いた平将門(たいらのまさかど)は、新たな天皇といった意味となる新皇を自称し、独自の政庁を設置して自身の部下に官職を任命しています。日本国内に独立国を作ろうとしたというだけでもかなり危険なのですが、自身を「新皇(しんのう、新たな天皇という意味でしょう)として名乗りを上げたことで、キッチリと三大悪人入りを果たしました。

本人が望んでいたかはわかりませんが、道鏡の場合は既存の天皇家に成り代わるというストーリーでした。ですが平将門の場合は、既存の天皇家とは別にもう一つ作ってみよう、という斬新な試みですね。

もちろんながら平安京にいた天皇家や貴族達にとって「新皇」など許せるはずもないため、平将門は当然のように朝廷にとっての討伐対象となり、藤原秀郷や平貞盛の軍と戦った末に討ち死にしています。ちなみに首を切った後に晒しものにする「獄門」という刑罰は、記録上では平将門が最も古いようです。過去に類を見ない厳しい刑罰を下すほどに、朝廷や天皇家にとって平将門の行いは許されないものだったのでしょう。

平将門は天皇に逆らった賊として処罰されましたが、実は関東の民衆からの支持は非常に高かったようです。度重なる飢饉もあったのですが、それ以上に貴族からの重税や横暴な振る舞いによって関東の民衆はくたびれ果てていました。そんな状況を打開してくれた平将門は、関東の人々にとって平和に暮らせる国を作ろうとしている英雄だったのかもしれません。

平将門の首塚
浅草に今もなお残る平将門の首塚

亡くなった後も民間での人気が非常に高く、今でも平将門の首を祀った「将門塚」が東京都千代田区に残っています。平将門にまつわる数々の伝説も残っており、また現代においても小説などで頻繁に取り上げられております。

平将門については、また別の記事で掘り下げたいと思います。

南朝と争い悪人とされた初代室町将軍 足利尊氏

足利尊氏_真田広之

足利尊氏は時代によって評価ががらりと変わっているのですが、日本が軍国主義をとっていた時代の価値観では悪人寄りだったため、三大悪人に入ってしまっております。ちなみに筆者は「足利尊氏」という人名をNHK大河ドラマの「太平記」で知ったため、主演の真田広之さんのイメージが非常に強く、カッコいいという印象しかありません。

室町時代の初期に日本の朝廷が南北に分かれてしまい、この南北に分かれた朝廷のどちらを正統とするかによって足利尊氏の評価も変わることになります。足利義満の仲裁により統一がされて以来天皇は北朝の系統から出続けているため、最終的に北朝側についていた足利尊氏は、「天皇家の味方だった英雄」として昭和初期頃まで庶民に認識されていました。

足利尊氏についてはこちらからどうぞ。

一方で江戸時代に徳川光圀(俗に言う水戸黄門です)が編纂を開始した「大日本史」という歴史書では、南朝を正統として扱っているために足利尊氏は「朝敵」と見なされていました。この「大日本史」という歴史書に基づいた考え方が昭和初期の軍国主義と結びつき、「絶対的な存在である天皇の敵は悪」という思想統制に繋がっていきます。この思想統制を強化するために、天皇家に逆らった人物や皇位を狙った人物が「三大悪人」として吊し上げられた、という流れになっております。

まとめ

三大悪人という発想自体が、戦前の日本がいかに天皇を中心にまとまろうとしていたかを表している気がします。3人がやったことに共通項はあまりなく、唯一共通していることは天皇に対してアクションをとったということのみです。三大悪人という言葉を作った人が言いたかったことは、きっと「天皇に成り代わるのはダメ、新たに天皇に成るのもダメ、天皇に逆らうのもダメ」といった内容だったのでしょう。これは筆者の勝手な憶測ではありますが、天皇への忠誠心を喚起するためだけに、三大悪人なんてリストが作られたのではないでしょうか。とは言えリスト入りしてしまった3人からすれば、迷惑でしかないですよね。

コメント