戦国時代6 姉川の戦い | 浅井・朝倉と織田・徳川連合軍の激突

姉川古戦場 戦国時代

今回の記事では、織田信長が上洛後に朝倉家と対立していく場面をご説明したいと思います。

前回の記事では非常に親密な関係を保っていた織田信長と足利義昭ですが、今回の記事では段々と敵対関係となっていきます。自分自身の利益を拡大するためには裏切る手を組む相手を変えることや他者の権利を侵食していくのは当然、といった世相はいかにも戦国時代といった感があります。

それでは15代将軍に足利義昭が就任した後の場面から見てみましょう。

織田信長の幕府との関係

本圀寺の変

織田信長は足利義昭を将軍職に据えることに成功し、ひとまず美濃へと帰還していきました。義昭はこの時本圀寺という寺を仮の御所として寝起きしており、また政務もここで執っていました。13代将軍義輝が襲撃された折に、以前の御所は焼失していたためですね。

ここで三好三人衆は織田信長が自国に帰ったのを見計らい、義昭のいる本圀寺を襲撃します。兄の義輝と同様に弟の義昭も三好三人衆に襲撃を受けるという、なんとも襲撃を受けやすい悲惨な運命の兄弟ではあります。ですが浅井長政らの活躍もあり、義昭は義輝のように討ち取られることはなく撃退することに成功します。

なんとか三好三人衆の反撃をしのいだ義昭は、信長に命じて京都の中に城塞のような御所を建設させます。将軍御所が建設されて体裁も整い、また幕府組織も徐々に整備されていき、義昭の念願である室町幕府再興へ着々と歩みを進めていきます。

足利義昭と信長 それぞれの思惑

織田信長の後見により将軍となった足利義昭は全国各地の大名に密書を送り、自分自身を支持するよう働きかけていました。義昭からすれば信長に大きな恩を感じはしますが、信長はあくまで家臣の一人です。義昭は信長に気兼ねすることなく、将軍としての権威を作るために着々と行動を続けていきます。

ですが武力での領土拡大を目指している信長にとっての足利義昭は、あくまでコントロールの対象であり室町幕府という権威を使うための小道具に過ぎません。そのためにわざわざ膨大な金と軍を使って京都を三好三人衆から奪い、足利義昭を将軍にしてやったのですから。足利義昭のためになることをしたのではなく、信長にとってメリットになることをさせるために義昭を将軍にしただけです。

こうした思惑のズレを、両者共に少しずつ気付いていったのでしょう。将軍就任当初こそ親密な関係を築いていましたが、段々と関係が冷え込み次第に対立していきます。信長は義昭の行動を制限するために躍起になり、また義昭は建前上の臣下である織田信長の干渉に苛立ちを感じるようになります。

朝倉義景・浅井長政との戦い

戦争に至るまで

1年ほどの間は織田信長と足利義昭は、言い分の食い違いはあっても争うことはなく、なんとか関係を保っていました。義昭にとっては強大な武力で保護してくれている信長をまだ失うわけにはいかず、信長としてもまだまだ室町幕府という権威の中で重要な立ち位置にいることは旨味があったのでしょう。

織田信長は幕府の権威を背景に、近畿や北陸の大名達に参集するよう命令を出します。この時に近隣の大名全てが上洛したとは到底思えないのですが、北陸で大きな勢力を築いていた朝倉義景は信長に対して明確に拒否します。ここで織田信長は朝倉義景を幕府に対して不穏な気配がある者として、討伐に向かうことになります。信長の本音としてはただの侵攻の理由作りなのですが、幕府の名前を使っているため周囲の大名たちは手が出せない状況となっています。朝倉義景を助けようと援軍を出せば、幕府に対する反逆者になってしまうためですね。この状況を作り出すために、信長はわざわざ足利義昭を助けて室町幕府を再興したのでしょう。

金ヶ崎の戦い

すでに北近江の浅井長政とは同盟を組んでいるため、織田信長は万が一の横槍を気にすることなく越前へ侵攻を開始します。ちなみにこの戦争では以前から信長と同盟関係にあった徳川家康も参戦しており、信長軍と行動を共にしています。

金ヶ崎の戦い

徳川軍を含む織田信長軍は京都から、3万もの大軍でもって越前金ヶ崎城に向けて攻撃を始めます。朝倉家の中での混乱もありあっさりと落城し、信長は奪った金ヶ崎城を拠点として順調に侵攻を進めていました。

ところがここで織田軍に不穏な知らせが舞い込みます。浅井長政が信長を裏切り、朝倉家に味方して織田軍に向かって攻撃するとの情報が信長の耳に入ります。何年もの間友好的な関係を続けており、義理の弟でもある浅井長政が裏切ることは信長にとって完全に想定外の出来事でした。

浅井軍への備えなど一切なかった信長は挟み撃ちにされる不利を悟り、ここで撤退を決意します。金ヶ崎城には木下藤吉郎などを殿軍として残し、自身は京都への道をひたすら駆け戻りました。

信長が京都に辿り着いた時にお供として付き従っていた人数は、わずか十人程だったといいます。軍とは別で先行して逃げていたのでしょうが、なりふり構わず必死に逃げる程のピンチを迎えていたのでしょう。

織田軍も浅井や朝倉の追撃を食い止めながら撤退し、被害を出しながらもなんとか両軍から逃げ延びることに成功します。信長は3万もの大軍で臨みましたが、この撤退戦だけで織田軍では千以上の戦死者が出たそうです。負傷者などを含めれば、その数は膨大なものになっていたでしょう。

姉川の戦い

金ケ崎の戦いでなんとか逃げ延びることに成功した織田信長は、リベンジを果たすために美濃へ戻り軍を再編成します。そして金ヶ崎の戦いから2ヶ月も経たないうちに、浅井長政に対して攻撃を始めます。そしていくつかの城を奪いながら信長は侵攻を続け、浅井長政の本拠である小谷城から姉川を挟んだ位置に布陣しました。ここで金ケ崎の戦いで同じように逃げ延びていた徳川家康も参戦し、1万を越える軍で小谷城に睨みを効かせます。対する浅井長政にも朝倉義景の援軍が到着し、こちらも1万を越える軍に膨れ上がり、数日間の間姉川を挟んでの睨み合いとなっていました。

徳川家康が姉川に向かって突撃したのを皮切りに両軍が姉川付近で激突し、壮絶な戦闘が繰り広げられました。姉川の戦いの古戦場跡には、血原や血川といった生々しい地名が残っている程です。両軍ともに大きな被害が出る乱戦となっていましたが、徳川家康の奮闘もあり織田軍が勝利します。

戦いに勝利した信長でしたが自軍の被害がかなり大きかったため、浅井長政の居城である小谷城は攻めず、付近の城を奪って行動を制限する方向へ転換します。そして小谷城より南側にあった浅井家の城を次々と落とし、領土の拡大に成功します。

敗北した浅井家と朝倉家では軍の被害も大きかったのですが、何より重臣の戦死者が多く出ていました。特に姉川の戦いの後に領土を奪われた浅井家は大きく弱体化し、単独では戦争を仕掛けることもままならない状態に陥ります。

そして単独で信長と戦っては勝てないことを悟った織田領付近の大名たちは、信長に対抗するための手段を考え始めます。

まとめ

今回の記事では1570年に起きた織田信長と、朝倉家や浅井家との争いについてご説明しました。

次回では信長に対して、寺院を含む諸大名が連携して対抗していく場面をご説明します。

次回記事:

前回記事:

コメント