鎌倉殿

用語集

御家人とは鎌倉殿と主従関係を結んだ武士

もともとあった「家人」という言葉に鎌倉殿への敬意を表す「御」という接頭語が付き、「御家人」という鎌倉時代ならではの単語が生まれています。この単語は将軍と直接「御恩と奉公」の関係にある武士を意味しており、鎌倉中期以降は多くの優遇を得た特権階級ともなっています。
用語集

鎌倉殿とは鎌倉幕府そのものや棟梁の地位にある人物を意味します

鎌倉殿という呼称は、鎌倉幕府を樹立した源頼朝の父・源義朝が鎌倉に本拠を置いたことに由来する、源氏の棟梁の地位にある人物を指す単語です。あくまで棟梁という地位を指すため、征夷大将軍に就任する前の源頼家や、源実朝が暗殺された後の北条政子も同様の呼称が用いられています。