福島正則

安土桃山時代

乱暴・愚痴っぽい・酒癖最悪! | でも涙もろくて憎めない男・福島正則のエピソード集

福島正則という人物は子供時代の刺殺事件を始めとして、ただの迷惑では済まない多くの事件を引き起こしています。また酒癖も非常に悪く、家臣に切腹を迫ったり、名槍・日本号を取られるといった失態もありますが、主筋となる織田秀信を庇うなど人情のある一面も見せています。
安土桃山時代

桶屋の息子から50万石の大大名へ・福島正則

豊臣秀吉とイトコ関係にあった福島正則は、小姓として取り立てられた後は順調すぎるほどの出世を重ね、広島藩55万石の大大名へと成長しています。ですが大坂の陣後の台風によって広島城が破損し、傷んだ箇所を修繕すると違反として摘発され減封、さらに本人の死とともに残りの領土も全て失っています。
安土桃山時代

決戦!関ヶ原の戦い

日本各地の大名達が東軍と西軍に分かれ、関ヶ原の戦いに参戦するために集結しました。徳川家康は豊臣秀頼を守るためという建前を打ち立てながら西軍の首謀者・石田三成との一大決戦に勝利し、豊臣家の弱体化と自身の領土拡大、そして自身の政権を打ち立てる土台作りに成功しています。
戦国時代

天下三名槍 | 日本号・蜻蛉切・御手杵について

今回の記事では、母里太兵衛の日本号・本多忠勝の蜻蛉切・結城秀康の御手杵(おてぎね)、という3つの名槍についてご紹介いたします。 3本の槍はどれも室町時代から戦国時代に作られていますが、天下三名槍という言葉自体は江戸時代に入って使われ始めています。「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていたところにいつの間にか蜻蛉切が入り、天下三名槍と呼ばれるようになっています。