白河法皇

用語集

上皇とは生前譲位した天皇への称号です

上皇とは、後継者に皇位を譲った天皇だった人物に対して贈られる尊号です。この尊称は略称であり、本来であれば「太上天皇(だじょうてんのう」という呼び方が正式な名称となります。
平安時代

第六天魔王となりて | 崇徳天皇が怨霊になってしまった理由

日本三大怨霊の一人とされる崇徳上皇は、平安時代の末期に過酷な運命を背負って生まれています。父とされていた鳥羽上皇が実父ではないという疑惑や、謀反人と疑われたことで起こした保元の乱の後に、配流された讃岐国で天皇家を呪う壮絶な言葉を残して亡くなります。