平清盛

用語集

上皇を中心とする政治体制は院政と呼ばれます

平安後期に後三条天皇が即位すると、藤原北家主導の摂関政治が終わりを告げ、白河上皇が始めた院政が鎌倉時代初期まで続いています。
用語集

征夷大将軍とは鎌倉時代以降武家の棟梁のシンボルとなった職位です

征夷大将軍とは本来は蝦夷征討に向かう人物に与えられる職位でしたが、源頼朝が就任して以降は武家の棟梁たるシンボルとなっています。
用語集

平氏とは主に桓武天皇の孫を起源とする皇室由来の氏族です

蝦夷征討に莫大な予算を割いたことにより国家財政が逼迫したため、桓武天皇の孫の代から「平姓」を与えられる臣籍降下が始まっています。各地で根付いて武士団を形成した平氏も非常に多く、その中から平清盛や北条時政といった国政を左右する大物も現れています。
用語集

武士とは「武家」の構成員です

平安時代の中期頃の日本に現れた、主に軍事行動を行う「武家」に所属していた一定身分以上の人々を指します。あくまで「武家」の構成員を指して使われるため、戦闘行為を一切行わない、または戦うつもりすらない人も数多く存在していました。時代によってどこまでが武士とされるかは変化していますが、江戸時代に入ると「士族」として明確に身分分けされています。