お市の方

戦国時代の人物録

良い人すぎる織田家最古参の猛将・柴田勝家のエピソード

織田信長の家臣として数多くの勝利に貢献した柴田勝家の、武人としての逸話や前田利家・お市の方との絡みなど、様々なエピソードをご紹介しています。
安土桃山時代の時代史

織田家の後継者決定戦!賤ヶ岳の戦い

清州会議で宿老筆頭の座を羽柴秀吉に明け渡した柴田勝家は、滝川一益らと共に反秀吉派を形成し、戦いを挑みます。ですが前田利家の寝返りによって柴田軍は崩壊し、勝家はお市の方とともに北ノ庄城で自害して果てることになります。
安土桃山時代の時代史

織田家の行く末を決める静かな戦い・清州会議

本能寺の変で織田信長と長男・信忠が亡くなってしまったことで、誰が織田家のイニシアチブを握るかという問題が急浮上しています。織田家の行く末を決めるための話し合いの場として、宿老や織田一族が清州城に集まり清洲会議が開催されます。
安土桃山時代の人物録

戦国時代 浅井三姉妹の末っ子 江与 | 徳川家光の母・明正天皇の祖母となった崇源院

江与は江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の正室となり、3代将軍家光を産んでいます。さらに江与の娘であり、家光の妹ともなる和子という人物は天皇に嫁いでおり、お市の方や浅井長政の血統は江与や和子を通し、現代の天皇家にまで脈々と受け継がれています。
戦国時代

戦国時代 浅井三姉妹の長女 茶々 | 豊臣家の後継者・豊臣秀頼の母

今回の記事では、浅井長政と織田信長の妹・お市の方の間に生まれた3人姉妹の長女・茶々についてご説明したいと思います。 茶々は織田信長の妹・お市の方と浅井長政の長女として生まれています。織田信長と朝倉義景の争いに巻き込まれる形で朝倉側についた浅井長政は、織田信長に敗れてお市の方と3人の娘を残し自害しました。後にお市の方は柴田勝家と再婚をしますが、柴田勝家も羽柴秀吉によって滅ぼされ、お市の方はここで柴田勝家とともに自害します。残された3人の娘達は羽柴秀吉に保護され、それぞれ別々の道を歩んでいくことになります。
安土桃山時代の人物録

戦国時代 織田信長の妹・お市の方 | 戦乱に翻弄された浅井三姉妹の母

今回の記事では、織田信長の妹・お市の方についてご説明したいと思います。 織田信長の美濃攻略や京都への上洛のために必要となる浅井家との同盟のため、お市の方はいわば政略結婚のために浅井長政に嫁いでいます。 後に浅井家が朝倉家を支援する形で織田信長と争うことになり、浅井長政は織田信長に敗北し自害します。夫である浅井長政を失ったお市の方は織田家によって保護を受けますが、本能寺の変によって状況が急展開し、清州会議で柴田勝家の正妻として嫁ぐことになります。