琉球史

琉球一の悪役・阿麻和利の素顔

阿麻和利は琉球史の中で徹底的な悪役として描かれていますが、実は勝連という地域の統治者として優秀かつ人望を集めていた形跡も残っています。「おもろ」という民謡の歌詞に歌われる内容と歴史として語られる内容を比べながら、悪人とされた経緯を考察し、ご紹介したいと思います。
戦国時代

いつだってギリギリ!徳川家康の三大危機

徳川家康は生涯の中でいくつものピンチを迎える破天荒な人生を歩んでいますが、その中でも特に危険度が高かった事件は三大危機と呼ばれています。三河一向一揆、三方ヶ原の戦い、伊賀越えの3つの事件を一つひとつご紹介いたします。
琉球史

琉球随一の英雄・護佐丸

琉球史に英雄として名を残す護佐丸という人物について、武勇に優れた忠臣という歴史的イメージに纏わるものだけでなく、人間味に溢れる様々なエピソードをご紹介しています。攀安知や阿麻和利との絡みを含め、琉球王国一の英雄を様々な角度から考察しております。
琉球史

琉球王府を揺るがした反乱 | 護佐丸・阿麻和利の乱

尚巴志以降の琉球王国はいまだ盤石な態勢が整っておらず、数年おきに王座の主が変わる不安定な状況となっていました。後継者争いの結果即位した尚泰久は、王座を狙う阿麻和利を迎え撃ち、忠臣・護佐丸を失いながらも鬼大城のトリッキーな活躍で辛くも首里城防衛に成功します。
用語集

上洛とは京都に入ること

上洛とは長く日本の首都として機能していた京都に入ることを意味する単語です。現代では首都が東京となっているため「上下」の概念が変わっていますが、平安京が造成されてから明治維新で首都が東京に移されるまで、京都の位置を「上」として上下の概念が出来ていました。
安土桃山時代

豊臣秀吉はなぜ朝鮮に出兵したか?

なぜ秀吉が朝鮮出兵を行ったかという動機や理由については、研究が進んだ現代の歴史家の間でも議論の的となっています。息子や弟を失った悲しみから出兵に至ったという説や、新たな領土を獲得する必要があった説など、考察を混じえながらご紹介いたします。
琉球史

攀安知〜琉球統一の勝者は誰だったのか〜

前回は、琉球王国を作った偉大な王である尚巴志と共に、攀安知(はんあんち/はねじ)についてもご紹介しています。粗野で暴力的なイメージがありますが、実は琉球統一の真の勝者だったと言われたらどうでしょうか。今回は北山王・攀安知を別の視点から見ていきましょう。琉球の歴史の奥深さ、味わいの深さを感じていただきたいと思います。
安土桃山時代

天下統一までの道のり | 豊臣秀吉の九州征伐と小田原征伐

豊臣秀吉は小牧・長久手の戦いで徳川家康に苦しめられましたが、なんとか織田信雄との和睦を成立させることで終戦を迎えています。関白に就任した秀吉は、島津義久打倒の九州征伐と北条氏直打倒の小田原征伐に乗り出します。
用語集

摂政とは天皇の代わりに政務を執る役職

天皇が幼い場合や長期に渡って病に倒れている場合に、天皇に代わって政務を執る役職を指します。摂政は判断力を伴わない天皇の代理として執務を執るため、天皇の補佐が主な役割となる関白とは異なり、最終的な決定権を持つという特徴があります。
その他考察

下剋上が当たり前!戦国三大梟雄

三大梟雄という謎の言葉は、そもそも小瀬甫庵という人物が著した「太閤記」という本の中で、悪人として扱われる3人の人物を指して使われています。この本の中で悪人とされる、「松永久秀・斎藤道三・宇喜多直家」の3人をご紹介いたします。