琉球史

琉球史

名君と暴君の跡を継ぐ者 | 尚円金丸物語②

尚泰久王に見出された金丸は、恩人の死後には息子となる尚徳王にも続けて仕えています。ですが若き尚徳王は重臣の意見を蔑ろにして悪政を布いたため金丸は隠遁、後にクーデターが起きて王が不在となると尚円金丸として即位し、400年にも渡って続く第二尚氏王統を創始しています。
琉球史

琉球の農民から国王へ | 尚円金丸物語①

第二尚氏王統の創始者となる尚円王こと金丸は、沖縄本島の北西部に浮かぶ伊是名島の農民の子として生まれています。天災や人災で島を追われた金丸は沖縄本島に逃れ、そこで時の琉球王国国王・尚泰久と出会い、各職を歴任しながら出世の道をひた走ります。
琉球史

女神が降り立ち琉球をつくる | 琉球開闢の神・アマミキヨ

アマミキヨは神話の中で沖縄の島々を造り出し、琉球という国を開闢したという、日本神話におけるイザナミのような役割を果たしています。第二尚氏王統によって作られた中山世鑑や「おもろさうし」に登場する、アマミキヨに関連する遺跡は現代でも沖縄本島だけでなく久高島など各地に残されています。
琉球史

琉球王国再興を託された男・尚泰久王の事績

越来王子という立場から琉球王朝の5代目の王に即位した尚泰久は貿易を大きく発展させ、後に大交易時代と呼ばれる経済発展期を迎えています。ですがすでにガタついていた琉球王府は立ち直ることなく、護佐丸・阿麻和利の乱といった反乱もあり、低空飛行を余儀なくされています。
琉球史

第一尚氏王統の終焉

尚巴志によって打ち立てられた第一尚氏王統は、7代目の国王・尚徳王の謎の死によって終焉を迎えています。短期の政権交代を繰り返し、疲弊した琉球王朝は新たな国王として農民出身の金丸が国王に即位して尚円王と名乗り、長きに渡って琉球を統治する第二尚氏王統が始まっています。
琉球史

琉球一の悪役・阿麻和利の素顔

阿麻和利は琉球史の中で徹底的な悪役として描かれていますが、実は勝連という地域の統治者として優秀かつ人望を集めていた形跡も残っています。「おもろ」という民謡の歌詞に歌われる内容と歴史として語られる内容を比べながら、悪人とされた経緯を考察し、ご紹介したいと思います。
琉球史

琉球随一の英雄・護佐丸

琉球史に英雄として名を残す護佐丸という人物について、武勇に優れた忠臣という歴史的イメージに纏わるものだけでなく、人間味に溢れる様々なエピソードをご紹介しています。攀安知や阿麻和利との絡みを含め、琉球王国一の英雄を様々な角度から考察しております。
琉球史

琉球王府を揺るがした反乱 | 護佐丸・阿麻和利の乱

尚巴志以降の琉球王国はいまだ盤石な態勢が整っておらず、数年おきに王座の主が変わる不安定な状況となっていました。後継者争いの結果即位した尚泰久は、王座を狙う阿麻和利を迎え撃ち、忠臣・護佐丸を失いながらも鬼大城のトリッキーな活躍で辛くも首里城防衛に成功します。
琉球史

攀安知〜琉球統一の勝者は誰だったのか〜

前回は、琉球王国を作った偉大な王である尚巴志と共に、攀安知(はんあんち/はねじ)についてもご紹介しています。粗野で暴力的なイメージがありますが、実は琉球統一の真の勝者だったと言われたらどうでしょうか。今回は北山王・攀安知を別の視点から見ていきましょう。琉球の歴史の奥深さ、味わいの深さを感じていただきたいと思います。
琉球史

琉球王国を作った男〜尚巴志の物語〜

琉球王国が成立する前まで、沖縄は三人の王によって治められていました(三山時代)。その中の一人が、中山と呼ばれる地域を治めていた尚巴志(しょうはし)でした。彼は後に、この三山時代を統一し琉球王国を築いていきます。