源氏とは皇族の子孫に与えられた氏姓

源氏の代表的な家紋・笹竜胆 用語集
源氏の代表的な家紋・笹竜胆

ULP結婚相談所公式サイトはこちら

源氏とは

平安時代頃に皇族が臣籍降下した際に天皇から与えられた氏姓として、主に「源」と「平」の2つがあります。平姓は平安時代初期の桓武天皇の子孫に与えられたケースが大半ですが、源姓は嵯峨天皇の皇子たちを始めとして各年代で与えられており、最新のところでは江戸時代前期に正親町天皇の子孫に対して源氏姓が与えられたケースまであります。貴族として朝廷に残った家も多くありますが、地方で武士化した家も多く、特に源頼朝や足利尊氏・徳川家康の3人は幕府を樹立するという大きな成功を収めています。

「源」という姓の語源

「皇室と源流を同じくする」という意味で、「源」という姓が臣籍降下の際に与えられています。実はこの源姓は中国の故事にちなんでおり、王室から分かれた家の姓が「源」とされたことに由来しています。平安京のネーミングといい源氏姓の由来といい、当時の日本がどれほど中国の影響を受けていたかが窺えます。

桓武天皇の平安京遷都についてはこちらからどうぞ。

源氏や平氏の姓を与えられる=臣籍降下

各世代の天皇は多くの子孫を残し、そしてその子孫たちもそれぞれ子孫を残すため、基本的に皇族の増え続けていくことになります。ですが増え続ける皇族達を全て国費で養うわけにもいかないため、氏姓を与えて皇族から臣籍に落とし、自分で仕事をして食べていけ、と突き放したのが「臣籍降下」の現実でしょう。さすがに世間から隔離された世界で生きていた人達に対して、いきなり仕事をしろというのも無理ということで、臣籍に降りた一世代目の源氏や平氏には官職面で優遇されていました。

現代でもそうですが皇族は姓を持っていないため、姓を与えられることは言うなれば一般人の身分になることを意味します。特に皇族特権が充実していた平安時代頃では、「姓を与えられる=臣下の身分になる(臣籍降下)=皇族の特権を失う」というシンプルで残酷な図式が成立しています。皇族の特異性についてはこちらでご説明しておりますので、ぜひご覧ください。

臣籍に降りた1世代目は官職面で優遇されていましたが、2世代目以降の人々にはあまりというかほぼ優遇がなかったため、多くの源氏・平氏姓の人々が朝廷での出世を諦め、地方に活路を求めました。そして地方に向かった元皇族の一族はそのまま土着し、地元の武士団のシンボルとなり武士化した例が多くあります。元皇族が京都での出世争いに敗れたことで結果的に武士政権が生まれたという、なかなか因果な物語となっております。

ULP結婚相談所 ご予約はこちらから

源氏=武家の棟梁=征夷大将軍就任の条件に

源頼朝の座像
鎌倉幕府を樹立した源頼朝

朝廷という通例や慣習が極めて重要視される世界では、過去に例がない事に対してはかなり消極的で、できる限り回避する傾向があったようです。1192年に源頼朝が征夷大将軍に就任していますが、平安時代初期には大伴弟麻呂や坂上田村麻呂が就任しているためか、この段階では特定の氏族と密接に結びつくことはありませんでした。現に鎌倉幕府3代将軍・源実朝が暗殺されて以降は藤原氏や皇族など、源氏以外の人間が何度も征夷大将軍に就任しています。

源姓以外の人物が征夷大将軍に任命された、摂家将軍・宮将軍についての記事はこちらからどうぞ。

ところが1338年に足利尊氏が征夷大将軍に任命されると、世間に対して強い影響力を持った源頼朝と足利尊氏が源氏だったということで、「征夷大将軍=源氏オンリー」という謎の固定観念が生まれ、「源氏=武家の棟梁」という考え方が定着しています。足利尊氏の征夷大将軍就任以降は源氏以外の就任例は一切なく、平氏の織田信長だけでなく、天下統一を果たした豊臣秀吉ですら就任できていません。ですが江戸幕府を樹立した徳川家康は、藤原姓から源姓に改姓するという荒業を使って条件を満たし、無事に征夷大将軍に就任しています。