蝦夷征討

用語集

蝦夷とは大和政権に従属していない人々や地域を表します

蝦夷は大和政権から見て従属していない人々を指していますが、中には俘囚として政権に取り込まれた例もあります。
用語集

征夷大将軍とは鎌倉時代以降武家の棟梁のシンボルとなった職位です

征夷大将軍とは本来は蝦夷征討に向かう人物に与えられる職位でしたが、源頼朝が就任して以降は武家の棟梁たるシンボルとなっています。
平安時代の時代史

平安時代2 蝦夷征討と徳政論争 | 征夷大将軍・坂上田村麻呂の成功と武士が生まれた理由

平安京への遷都を行った桓武天皇は、次なる事業として蝦夷の征討を目指します。征夷大将軍・坂上田村麻呂を始めとする朝廷軍は、アテルイ率いる蝦夷との戦いに打ち勝ち、東北地方平定の足掛かりを作ることに成功します。坂上田村麻呂の活躍により東北が落ち着くと、桓武天皇はより良い国内統治のために徳政相論を行わせ、平安京遷都と蝦夷征討の影響で貧困にあえいでいた農民達の救済を目指し始めます。ですが徳政相論で決まった政策は朝廷軍の縮小に繋がり、結果的に武士団が形成されていくキッカケとなります。