真田昌幸

安土桃山時代

決戦!関ヶ原の戦い

日本各地の大名達が東軍と西軍に分かれ、関ヶ原の戦いに参戦するために集結しました。徳川家康は豊臣秀頼を守るためという建前を打ち立てながら西軍の首謀者・石田三成との一大決戦に勝利し、豊臣家の弱体化と自身の領土拡大、そして自身の政権を打ち立てる土台作りに成功しています。
安土桃山時代

表裏比興の者 真田昌幸 | 徳川家康と戦い続けた謀将

軍略家として名高い真田昌幸は、豊臣秀吉配下の石田三成に「表裏比興の者」という評価を受けています。「比興」とは他の物に例えた面白い表現を意味しますが、実は「卑怯」という意味も持っています。長篠の戦いで兄を失い急に家督を相続した真田昌幸は、徳川家との2度の上田合戦にて完璧とも言える大勝利を収めます。