尚真王

琉球史

強大な権力を手中にした猛女 | 尚円王の妃・宇喜也嘉

女傑として知られる国母 日本史上にも、女傑として知られる人物が多く存在します。「尼将軍」として源頼朝の死後も幕府に影響力を持った「北条政子」や、自分の息子を将軍にするために画策し、応仁の乱のきっかけを作ったとされる「日野富子」などで...
琉球史

オヤケアカハチの乱

第二尚氏王統の3代目・尚真王の頃には島ごとの統治者と従属関係が成り立ち、琉球王朝は最盛期を迎え始めます。そんな中でも八重山列島の島々は琉球王朝への従属を拒否し続けていましたが、ついに政府軍が八重山列島に目を付けて軍を派遣、これにオヤケアカハチは島を代表して立ち向かいます。