三大

戦国時代の宗教史

忠誠心と信仰心が試される!三河一向一揆

浄土真宗という仏教宗派が引き起こした三河一向一揆では、松平家の家臣団も一揆勢に加担しており、徳川家康の三大危機にも数えられる一大事件にまで発展しています。
その他考察

中国三大悪女によく入る妲己・呂太后・則天武后・西太后の4人をご紹介

中国三大悪女としてよく名を挙げられる、殷の紂王の妾・妲己、漢帝国を建国した劉邦の皇后・呂太后、中国史上唯一の女帝・則天武后、大清帝国滅亡のキッカケを作った西太后のそれぞれのエピソードをご紹介いたします。
江戸時代

器用だけどぶきっちょな愛嬌たっぷり人間 | 藤堂高虎のエピソード

ケンカ遍歴や三大建築家にも数えられる建築技術、また徳川家康や徳川秀忠との関係など藤堂高虎の様々なエピソードをご紹介しています。
その他考察

鳴かないホトトギスはどうしますか? | 戦国の三英傑・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

戦国の三英傑と呼ばれる織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の3人を、例のホトトギスの歌を交えながらざっくりとご紹介しています。
その他考察

そんなに悪くなさそうな日本三大悪女 | 藤原薬子・北条政子・日野富子・淀の方

日本三大悪女としてしばしば名が挙がる、藤原薬子・北条政子・日野富子・淀の方、この4人の悪女と呼ばれるに至ったエピソードをご紹介いたします。
その他考察

日本三大怨霊

平安時代という一見平和な時代でも戦乱や権力闘争は頻繁に起きており、敗者には過酷な刑が下される場合も多々あります。そういった時代背景の中に生きた菅原道真・平将門・崇徳上皇の3人が恨みを持つに至る過程と、怨霊となって起こしたと言われる事件、そして後日談をご紹介いたします。
その他考察

いつだってギリギリ!徳川家康の三大危機

徳川家康は生涯の中でいくつものピンチを迎える破天荒な人生を歩んでいますが、その中でも特に危険度が高かった事件は三大危機と呼ばれています。三河一向一揆、三方ヶ原の戦い、伊賀越えの3つの事件を一つひとつご紹介いたします。
その他考察

下剋上が当たり前!戦国三大梟雄

三大梟雄という謎の言葉は、そもそも小瀬甫庵という人物が著した「太閤記」という本の中で、悪人として扱われる3人の人物を指して使われています。この本の中で悪人とされる、「松永久秀・斎藤道三・宇喜多直家」の3人をご紹介いたします。
その他考察

天下三名槍 | 日本号・蜻蛉切・御手杵について

今回の記事では、母里太兵衛の日本号・本多忠勝の蜻蛉切・結城秀康の御手杵(おてぎね)、という3つの名槍についてご紹介いたします。 3本の槍はどれも室町時代から戦国時代に作られていますが、天下三名槍という言葉自体は江戸時代に入って使われ始めています。「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていたところにいつの間にか蜻蛉切が入り、天下三名槍と呼ばれるようになっています。
その他考察

日本三大悪人とは | 足利尊氏・平将門・道鏡が悪人とされた理由

日本三大悪人というちょっと不名誉なリストにランクインしてしまった、足利尊氏・平将門・道鏡の3人の人物とそれぞれの理由についてご紹介しています。日本三大悪人という大げさなネーミングと響きからは、いかにも残虐な極悪人が揃っていそうな印象を受けてしまいます。ですがこんなリストが作られることになった背景には、明治期以降の天皇を頂点に置いた国家体制と、特に日中戦争以降の軍国化による天皇崇拝があります。道鏡は皇位簒奪未遂、平将門は新皇即位、足利尊氏は天皇への反逆罪で悪人の仲間入りをしています。