平安時代1 平安京ができるまで | 桓武天皇は仏教勢力と怨念を乗り越えて

平安神宮 平安時代

今回の記事では、桓武天皇により日本の首都が平安京に遷された場面をご説明いたします。

桓武天皇 既存の勢力を嫌って長岡京へ遷都

奈良時代の天皇は天武天皇の系統が占めていましたが、桓武天皇の父・光仁天皇の代から天智天皇の系統に戻っています。これまで天武系の天皇に仕えてきた貴族達は幅を効かせ、また天武天皇の仏教を政治に取り込む政策が継続された結果、平城京では有力寺院が立ち並び高僧達の国政への干渉が目立っていました。道鏡による皇位簒奪未遂といった事件などは、僧侶による政治や皇族にまで強い影響力を持っていたことの証明であるとも言えます。父である光仁天皇の苦労を見ていた桓武天皇は寺院からの度重なる国政への干渉を嫌い、当時は未開の地だった山城国(現在の京都府南部)への遷都を決定します。

道鏡についての記事はこちらからどうぞ。

桓武天皇は新都市の場所として、平城京から40キロ程北にある長岡の地を選びました。陸路でしか物資を運べなかった平城京とは違い、長岡には桂川や宇治川といった水利があるため水運での輸送が可能となります。そのため長岡京の造営はスムーズに進み、長岡京の建築開始からわずか半年で主だった施設が完成するというスピード竣工でした。

遷都直後に暗殺事件

784年には長岡京への遷都が完了していますが、造営の責任者には藤原種継という人物が就いていました。藤原種継は桓武天皇が即位してから急速な出世を遂げるという、桓武天皇からの厚い信頼が伺える人物です。

この藤原種継は遷都の翌年、造営を監督している真っ最中に矢を射掛けられるという、暗殺と言うにはかなりおおっぴらな襲撃を受けて亡くなってしまいます。この事件の首謀者は百人一首にも短歌が採用された大伴家持(おおとものやかもち)となっていますが、大伴氏を初めとして皇族や貴族も多く関係しており処罰されています。また桓武天皇の皇太弟(次の天皇になる人物)である早良親王(さわらしんのう)も、以前からの藤原種継との不仲もあったため、事件への関与が疑われ淡路島への流罪が決定します。

早良親王の死と災厄

刑が確定した早良親王は流罪先の淡路島へ向かう途中、冤罪を主張するため絶食を続けました。実際に藤原種継暗殺に関わっていたかは現代においても不明となっており、本当に冤罪だったのかもしれません。ですが早良親王の訴えは届くことなく、淡路島に到着する前に絶食により亡くなってしまいます。

早良親王が亡くなった後、桓武天皇の身の回りに災厄が相次ぎました。早良親王の後に皇太子に立てられた人物が病に倒れ、桓武天皇の生母や妃たちが相次いで病で亡くなります。また長岡京では疫病が流行し、さらには長雨による洪水が起こるなどの災厄が続きました。現代では到底考えつかない判断なのですが、桓武天皇はこれらの厄災を早良親王の怨念であると考えます。

不穏な気配の鳥居

桓武天皇は僧侶や陰陽師を派遣して鎮魂の儀式を行い、亡くなった早良親王を丁重に祀り上げて厄災を鎮めようとします。ですがその後も長岡京の中を通る川が反乱し、市街に大きな被害が出てしまいました。当時治水を担当していた和気清麻呂は、怨念の問題ではなく長岡京はもともと洪水が起きやすい地形にあることを指摘します。そして桓武天皇は洪水と怨念騒ぎから逃れるため、長岡京へ移ってからわずか10年足らずでまたも遷都を決意します。

鳴くよウグイス平安京

桓武天皇は長岡京から見て東北に位置する場所を、新たな都として遷都を行いました。新たな都市の名前は、当時の中国王朝・唐の首都である長安にちなみ、平安京と名付けられます。碁盤の目のように整然と道が通るようにされた区画整備は、平城京や長岡京もですが、唐の長安を真似て造営されています。

平安京の模型

この平安京の市街模型は、Wikipediaの平安京のページからの転載となります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E4%BA%AC

唐の国への憧れが強かった時代ですので、平安京は「長安」や「洛陽(らくよう)」といった唐の大都市の名前で呼ばれることもありました。この時代の漢詩文には、明らかに平安京を指しているのに「洛陽」という名称で呼ばれるケースが多くあります。この平安京を「洛陽」という都市名で呼ばれていたことを踏まえ、京都へ行くことを指して「上洛する」といった言葉も派生しています。ここで造営された平安京は応仁の乱などで度々荒れ果てますが、明治時代に至るまで日本の首都となっていました。

ちなみに現代の「京都」という地名は、首都を意味する「京」という字に都市を意味する「都」がくっついたものになります。飛鳥京なども京都と呼ばれていた記録があり、古代では純粋に「首都」を意味する単語だったのかもしれません。平安時代の後期あたりからは「京都」という単語は平安京だけを意味するようになったため、平城京だった都市は「南京」といった表現をされるようになります。

まとめ

今回の記事では、桓武天皇による長岡京や平安京へ遷都する場面をご説明しました。

次回記事では、征夷大将軍が東北の平定に向かう場面をご説明いたします。

次回記事:

コメント