奈良時代

奈良時代

奈良時代 道鏡は天皇位を望まない | 悪人に仕立て上げられた平和を望む僧侶

道鏡は奈良時代特有の仏教と政治が入り混じった背景の中で、名門出身ではないにも関わらず尋常ではない程のスピード出世を成し遂げた人物です。天皇位の簒奪を目論んだという理由で日本三大悪人に数えられたりもしていますが、どちらかと言えばパワフルな称徳天皇の巻き添えを食ってしまった感すらあります。